アマゾン プライム 解約 方法。 アマゾンプライムの解約を電話でする方法

【無料でお試し】アマゾンプライム会員でできることは?解約方法も簡単です!|げぼくの教科書

アマゾン プライム 解約 方法

Amazonプライム無料体験の解約方法 Amazonプライム無料体験の解約方法は、に書かれています。 その方法は、以下のようになっています。 Amazon管理画面、「アカウント設定」の欄にあるをクリックします。 すると、以下のような画面が表示されるので、「自動移行しない」をクリックします。 最後に、「会員資格を継続しません」をクリックすれば解約完了です。 とこのように、わずか3クリックほどで、解約手続きが終わってしまいます。 「会員をやめると、こんな特典が受けられないよ」といった引き止め的なものも1回しか表示されません。 「なんだ普通じゃん」と思われるかもしれません。 けれど以前、Yahoo! プレミアムの解約手続きが余りにもエキセントリックだったもので、その簡単さに驚きました。 Yahoo! プレミアム解約手続きとの比較 その、Yahoo! プレミアムの解約手続き方法の詳細は、以下に書いてあります。 2016-03-08 10:47 まーとにかく長いです。 そして途中、何回にも及ぶ引き止めページや注意事項、軽いボタントラップ、解約理由アンケートと、とにかくアトラクションが満載で、ある意味楽しい作りにはなっています。 解約方法のヘルプの違い Amazonと、Yahoo! の違いは、まずヘルプからして違います。 その見た目を、以下でスクリーンショットで比較してみたいと思います。 Amazonプライム解約方法のヘルプ で、解約をするのに読む必要がある内容は、これだけにまとめられています。 この内容に、「Amazonプライム解約方法」と「無料体験キャンセル方法」の2つの方法がまとめられています。 そして、これに書かれている通りに実行すれば、解約作業はすぐに終わります。 Yahoo! プレミアムの解約方法のヘルプ 反面、では、とりあえず、これだけの内容を読む必要があります。 こちらも「ウォレットから解除」と「プレミアムトップページから解除」の、2通りの方法が書かれていて、どちらか1つを読めばいいのかもしれません。 けれど、ユーザーとしては、どちらが自分に当てはまるのかを見きわめるため、結局全て読む必要があります。 で、書いてある通りに実行すれば、うまく行くのかといえば、そういうわけでもありません。 解約手順で比較 Amazonプライムと、Yahoo! プレミアムの解約手順の違いを比較すると以下のようになります。 Amazonプライム 以下は、プライム無料体験の解約方法です。 「アカウント設定」の欄にあるをクリック• 会員情報管理ページで「自動更新しない」をクリック• 最後の確認画面で「会員資格を継続しません」ボタンをクリック 手順通りにやれば、解約開始から3手順ほどで終わります。 通常のパソコン画面なら、スクロールの必要もありません。 Yahoo! プレミアム 対して、Yahoo! プレミアムの解約手順を箇条書きにすると以下のようになります。 (2015年1月時点)• 「」から「プレミアム会員登録の解除手続き」をクリック• 「Yahoo! プレミアム会員登録を解除いたしますと、ヤフオク!のプレミアム会員特典がご利用できなくなります。 」と軽い引き留めページをスクロールしていって最後にある「次へ」ボタンを押す• 「その他の会員特典も利用できませんよ」と引き止めページをスクロールしていって「次へ」ボタンを押す• またも「Yahoo! プレミアム会員登録を解除いたしますと、下記の特典が受けられなくなります」と表示されるので「下へ」とボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• 「保証の対象外になる」というメッセージが表示されるので「下へ」ボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• 「Yahoo! ボックスで利用可能な容量が減る」というメッセージが表示されるので「下へ」ボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• またも、「無料の特典が受けられない」「割引利用中のサービス料金の変更」「サービス内容の制限」に関する情報が表示されるので「下へ」ボタンをクリック(スクロールで飛ばせない)• そしてまたも「ご注意」とタイトルされた注意喚起表示がテキストで表示されるので「次へ」ボタンをクリック• 「来月無料プレゼント」情報が表示されるので、下にスクロール(これまで最大のスクロール量)していって「登録解除を続行する」ボタンをクリック(このとき、これまで次の画面に進むときのボタンの位置とは逆のボタン配置というトラップに気をつける)• 「Yahoo! プレミアムの登録解除の理由をお聞かせください」とアンケート(任意)があるので「次へ」をクリック• ようやく「ご利用の停止」画面が表示されるので「はい」を押して解約完了 とりあえず、なるべくわかりやすく書いたつもりではありますが、Yahoo! プレミアムでは、これだけの手順が必要です。 Yahoo! プレミアムの方は、とにかくユーザーの引き留めに力が入っている感じです。 何度倒しても立ち上がるJRPGのボスキャラみたいな印象です。 詳細は以下。 2016-03-08 10:47 解約手続きの動作比較 ということで、管理画面からパソコンで解約しようと思ったら必要な操作は、以下のようになります。 Amazonプライム:クリック3回• Yahoo! プレミアム:クリック11回(ボタントラップ込み)、下までスクロール3回 「ユーザーの引き留め、もしくは注意事項」が書かれたページが表示される回数は以下のようになります。 Amazonプライム:1回• Yahoo! プレミアムに関しては、2015年1月時点のものです。 まとめ とりあえずAmazonの方は、「とにかくユーザーの願い(解約)を最短距離で叶えてあげよう」という作りになっていると感じました。 反面、Yahoo! の方は、「プレミアムの利点や、解約することによるマイナス面を何度も伝えることにより、とにかくユーザーに解約という考えを止めてもらおう」という作りという印象を受けました。 結局、ユーザビリティー(使いやすさ・利便性)の感じ方は、人それぞれなので、どちらがどうあるべき、という事ではありません。 ただ、サービスによって、ここまで「解約手続きの手順」に差が出るほど、方針の違いがあるものだと思った次第です。 追記:その後、「お急ぎ便」「日時指定便」「 」が利用したくなり、結局年会費を払って加入することにしました。 これだけ特典があって年4900円なら余裕で元を取れると試算しました。

次の

Amazonプライム会員を解約して返金してもらえる?プライム解約と返金の手順【図解】

アマゾン プライム 解約 方法

Contents• Amazonプライムの無料体験とは? まずは、Amazonプライムの無料体験とは何なのか?ということについて解説します。 Amazonプライムとは、Amazonの有料サービスであり、年会費4900円もしくは月額500円支払うことで、さまざまな特典を利用できるサービスです。 もちろんAmazon自体は一般会員でも利用できるため、年会費を支払ってまでAmazonプライムを利用したいと思えない人もいるでしょう。 しかし、Amazonプライムでは一般会員だと決して利用できない便利なサービス、コンテンツが用意されているため、無料体験だけでも利用してみる価値はあります。 30日間便利な特典を利用できる Amazonプライムの 無料体験期間は30日間であり、その間はさまざまな特典やサービスを利用することができます。 まずは、無料体験期間で特典を利用し、自分にとって利便性の良いサービスがあれば、Amazonプライムへの本登録を検討してみると良いでしょう。 Amazonプライムの特典全てが対象 Amazonプライムでは、無料体験期間中も利用できる特典に制限はありません。 有料会員とまったく同じ特典・サービスを利用することができます。 Amazonプライムの特典の中でも特に人気のサービスは、映画やTV番組が見放題になる 「プライム・ビデオ」です。 無料体験期間中は、「プライム・ビデオ」ももちろん無料で利用することができます。 期間中に気になっている映画やTV番組を一通り視聴してしまうのも1つの手です。 期間終了後は有料会員へ Amazonプライムは設定を変更しない限り、 30日間の無料体験期間終了後には、自動で有料会員へと移行してしまいます。 以下のAmazonプライムの規約をご覧ください。 つまり、無料体験期間中に解約しなかった場合は、自動でAmazonプライムに本登録され、会費が引き落とされてしまうということです。 今後もAmazonプライムを利用し続けるのなら良いですが、そのつもりがない場合は注意が必要です。 Amazonプライム会員を今すぐ解約する方法 では、Amazonプライム会員を今すぐ解約したい場合はどうすれば良いのでしょうか?ここでは、Amazonプライムの解約方法をPCとスマホ別に解説していきます。 2.右のサイドメニューにある「会員資格を終了する(特典を終了)」をクリックします。 3.「特典と会員資格を終了」をクリックします。 4.Amazonプライムを期限まで利用するのか、今すぐ解約するのかを選択し、画面の指示に従って進んでいくと解約できます。 なお、 「今すぐ解約」を選択した場合は、残りの期間に対して日割りで返金されます。 期間ギリギリまで利用しないともったいないというわけではないのでご安心ください。 スマホで解約する場合 1.右上にあるアカウントのマークをタップしてメニューを開きます。 2.アカウント設定の「プライム会員情報の設定・変更」をタップしましょう。 3.「会員資格を終了する(特典を終了)」をタップします。 4.「特典と会員資格を終了」をタップします。 5.Amazonプライムを期限まで利用するのか、今すぐ解約するのかを選択し、画面の指示に従って進んでいくと解約できます。 なお、PCの時と同様で、「今すぐ解約」を選択した場合は、残りの期間に対して日割りで返金されます。 期間ギリギリまで利用しないともったいないというわけではないのでご安心ください。 Amazonプライムを解約する際の注意点とは? これまで解説してきた手順で進めていけば、Amazonプライム会員を解約することができます。 ただ、Amazonプライムを解約する際にいくつか注意点がありますので、ここで紹介していきます。 更新期限ギリギリまで利用する場合 Amazonプライムの解約手続きを行う際に、上記の画面で「更新前にお知らせを受け取る」というボタンが表示されます。 このボタンは、更新期限の3日前にメールで通知してくれるサービスです。 このボタンをタップすることで、Amazonプライムを更新期限ギリギリまで利用することができます。 ただ、更新期限まで利用したい場合にこのボタンを押し忘れてしまうと、有料会員へ自動的に移行されてしまうので注意しましょう。 今すぐAmazonプライムを解約する場合 逆に、更新ギリギリまで利用せず、今すぐAmazonプライムを解約する場合は、 残りの期間に対してAmazonから返金を受けることができます。 今すぐ解約して返金を受けるのか、期間ギリギリまで利用するのかを考えたうえで、お得な方を選ぶと良いでしょう。 日割りで返金を受けたい場合 Amazonプライムの返金は、 最後に特典を利用した日から日割りで計算した額になります。 ただ、日割りと言っても、厳密にはプライム特典の利用度をシステムが自動計算するため、日割り額はあくまでも目安です。 たとえば、残りの日数が残っている場合でも、プライムの利用度が高ければ、その分日割り額も少なくなるということです。 解約したタイミングが基準になるわけではないので、手続きをする際は良く考えた方が良いでしょう。 また、手続きを終えた後に「プライム・ビデオ」や「お急ぎ便」といったサービスを使ってしまうと、日割りの日にちが更新されてしまうので注意が必要です。 Amazonプライムの特典をいっさい利用していない場合 逆に、 Amazonプライムの特典をいっさい利用していない場合は、Amazonより全額返金されます。 つまり、この場合は解約するタイミングや日割り額のことをいっさい考える必要がないということです。 無料お試し期間に解約する場合 Amazonプライムの無料体験期間内に解約する場合は、 当然会費はかかりません。 無料体験だけ利用するつもりなら、登録後にすぐ解約手続きしておくと良いでしょう。 返金はクレジットカードへ Amazonプライムの解約の際に発生する返金は、 現金ではなくクレジットカードへの返金となります。 クレジットカード以外での決済方法を選択していた場合は、その方法での返金になります。 現金で返ってくるわけではないので、そこは理解しておきましょう。 家族会員も同時に解約 Amazonプライムに家族で登録している場合は、 自分が解約してしまうと家族全員も同時に解約になってしまいます。 家族の誰かが今後もAmazonプライムを利用したいという時は、再度申し込みを行う必要があります。 家族で一緒に登録している場合は、解約する時に1度家族と相談した方が良いでしょう。 再度Amazonプライムに入会する場合 では、再度Amazonプライムに入会したい場合はどうすれば良いのでしょうか?ここではAmazonプライム会員に再度登録する時の方法を解説します。 とても簡単な手順で再登録できますので、ご安心ください。 2.「Amazonプライム会員情報の管理」をクリックします。 3.最後に「会員資格を継続する」をクリックします。 これでAmazonプライム会員への再登録が完了です。 Amazonプライムを解約する際によくあるトラブルとは? Amazonプライムを解約する際、スムーズに解約できれば良いのですが、そうはいかないこともあります。 手続きが複雑で思った通りに進まないことや、想定外のトラブルが発生するケースもあるでしょう。 しかし、そういった時に適切な対処ができなければトラブルを解決することはできません。 そこで、ここでは、Amazonプライムを解約する際によくあるトラブルとその対処法を紹介していきます。 現時点で解約する気がない人でも、1度目を通しておくことで万が一の際に役立つはずです。 今すぐ解約したいのに「すぐに終了する」が選択できない 今すぐに解約したいのに、「すぐに終了する」が選択できないケースがあります。 これは、 Amazonプライムの会員特典を会員費以上に利用している場合に発生します。 プライムを年会費での支払いをしている場合は、基本的に1年ごとの更新となります。 いつでも退会できるようにしたい場合は、少々割高ですが、月額費会員に登録しておいた方が良いでしょう。 プライム・フォトに写真やファイルをアップしたまま解約してしまった プライム・フォトに写真やファイルをアップしたまま解約してしまった場合は以下のようになります。 プライムの特典として付与されたストレージを持っていない場合は、新たにファイルや写真をアップロードすることはできません。 ただ、 ストレージにアクセスし、既にアップロードされているファイルや写真、パーソナルビデオの閲覧、ダウンロード、削除をすることはできます。 つまり、一定期間内であれば既にアップロードしているファイルの削除やダウンロードはできるということです。 重要なファイルをプライム・フォトにアップロードしている場合は、削除される前に別の保存場所に移動させた方が良いでしょう。 トラブルの際はAmazonカスタマーサービスに相談 これまでトラブルの際の対処法を紹介しましたが、状況によっては自分1人の手に負えなくなることもあり得ます。 自分の力でどうにもできなくなった際は、Amazonカスタマーサービスに相談するのも1つの手です。 Amazonプライムでは、誤って会員継続をしてしまった場合や、無料体験後に有料会員へと移行してしまった場合、 特典を利用していない限りは会費が返金される可能性があります。 また、Amazonカスタマーサービスには24時間連絡できるので、特典や返金額のことで不明な点がある場合は問い合わせてみると良いでしょう。 トラブルの際に1番注意したいのは、問題を放置することで事態が悪化することです。 サービスの特性上お金が絡んできますので、トラブルは放置せずに、できるだけ早く解決した方が良いでしょう。 Amazonのサポート体制はしっかりしているので、問い合わせれば真摯に対応してくれるはずです。 疑問点や不明点がある場合はそのまま放置せず、Amazonカスタマーサービスへ問い合わせることをオススメします。 まとめ 今回は、Amazonプライム会員の解約方法や解約する際の注意点を解説してきました。 Amazonプライムは年会費の場合、4900円のランニングコストがかかります。 そのため、月に1度もAmazonを利用しないという方は、会費がもったいないので早めに解約した方が良いでしょう。 逆に、 月に1度でも利用する方は素晴らしい特典を利用できるので、Amazonプライムを解約しない方が良いです。 無料体験期間中はいつでも解約することができるので、Amazonプライムが少しでも気になっている方は、この機会に体験してみてはいかがでしょうか? 無料講座|アクシグ式 最新情報 資金ゼロでネット物販を成功させる全手法 物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか? 本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、• 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法• Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法• 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法• 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法• 無在庫ストアで月商1億を超えた方法• 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法• アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法• 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法 などアクシグ代表が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。 あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

次の

【無料でお試し】アマゾンプライム会員でできることは?解約方法も簡単です!|げぼくの教科書

アマゾン プライム 解約 方法

Amazonのサービスは幅広く、そして数多く提供されています。 Amazonプライム会員の無料体験もありますが、さらに Amazon Music Unlimitedにも無料体験があります。 「体験してみたけどやっぱりいいや、どうやって解約すればいいのだろう?」 「最近使っていないから解約したいけど、やり方がわからない」 という経験はありませんか? Amazon Music Unlimitedの解約はたったの1分程度でできます!• Amazon Music Unlimited利用中の解約方法• Amazon Music Unlimited無料体験中の解約方法• 引き落とされた後の返金方法 上記について詳しく、徹底解説していきましょう。 1: Amazon Music Unlimitedの解約方法 Music Unlimited 個人プランには、 30日間無料体験できるサービスがありますが、「解約方法がわからない」「自動で会費が引き落とされていた」などの理由で困っている人が増えています。 無料体験が終わる前に解約する方法• 利用しなくなったので解約したい• 会費が引き落とされてから返金する方法はあるか など 3つのパターンの解約方法をわかりやすく説明していきましょう。 1-1:無料体験が終わる前に解約したい まず、今利用している無料体験期間はいつまでなのか、今一度確認してみましょう。 終了日がまだであれば、 無料体験終了後に自動で更新されないための解約の手続きを 4ステップで行なっていきます。 この画面の左下、「デジタルコンテンツとデバイス」の中にある【 Amazon Musicの設定】を選択します。 次に本当に無料体験を終了したい場合は、矢印の【 会員登録をキャンセルする】を選択してください。 これで手続き完了です。 1-2:利用しなくなったので解約したい 月額を払って利用中でも、先ほどの手順とほとんど同じで 簡単な操作で解約することができます。 3ステップで説明していきましょう。 1-3:会費が引き落とされてしまった!返金できる? Music Unlimitedの無料体験期間は 30日間です。 「忘れていました」、「利用していないのに」と言っても Amazonから返金はしてもらえません。 必ず決められた期間までに解約、 無料体験期間はいつまでか確認することをお勧めします。 2: Amazon Music Unlimited と Prime Music の違い Amazonが提供する定額制音楽聴き放題サービスには、 4種類あります。 Prime Music• Music Unlimited 個人プラン• Music Unlimited ファミリープラン• Music Unlimited Echoプラン Prime Musicは、Amazonプライム会員の特典に含まれているサービスで追加料金が一切かからないものである一方、Amazon Music UnlimitedはAmazonプライム会員にプラスで料金の発生する音楽配信サービスです。 このようにそれぞれのプランの違いと、料金や特徴を説明していきましょう。 2-1: Prime Music 先ほどお伝えした通り、Prime Musicは、 Amazonプライム会員の特典に含まれており、プライム会員の会費のみで追加料金なく 100万曲以上が聴き放題で楽しめるプランです。 プライム会員の会費は《月額・年額》と支払いプランが選べる形になっています。 月額400円• 年額3900円 実質2ヶ月分以上が無料 プライム会員の特典を考えるとかなりお得なプランですが、最新のアルバムや新曲が配信されていないことがあり多少のデメリットはあるものの、いずれにしても破格のサービスですね。 2-2: Music Unlimited 個人プラン Music Unlimited 個人プランは、新曲等を含む4000万曲以上が聴き放題で楽しめるプランです。 プライム会員に加えて支払う場合、非プライム会員である場合、それぞれの支払いプランがあります。 月額780円 プライム会員• 年額7800円 プライム会員• 月額980円 非プライム会員 Prime Musicよりも40倍近く多い楽曲数で最新曲もちゃんと配信されているので、流行や最新の音楽シーンをチェックしたい人にはおすすめです。 2-3: Music Unlimited ファミリープラン Music Unlimited ファミリープランは 4000万曲以上が聴き放題で、登録アカウント数が6人まで広がるプランです。 月額1480円• 年額14800円 2ヶ月分が無料 月額は倍近くに上がりますが、この金額で6人まで利用できるとなるとかなりお得なプランとなっています。 みんなでプレイリストを共有したり、最新曲を教え合ったり、使い方の幅も広がりそうですね。 1-4: Music Unlimited Echoプラン CMなどで流れる「アレクサ、歌って」「アレクサ、電気消して」でお馴染み、音声操作ができるシステム「 Echo」が Amazonから発売されています。 Music Unlimited Echoプランは、そんな「Echo」からのみ登録可能なプランです。 プライム会員に加えて 月額380円で同じく 4000万曲以上が聴き放題で楽しめます。 Echoに向かって、「アレクサ、 Amazon Music Unlimitedに登録して」と話しかけると登録できるしくみになっているそうです。

次の