デザート おすすめ。 デザートプレートおすすめ7選|テーブルを華やかにするお皿をフードスタイリストが厳選

甘口ワインを愉しもう!デザートワインおすすめランキングTOP11

デザート おすすめ

タイおすすめデザート1. ブアローイ 『ブアローイ』は、ココナッツクリームから作られているスイーツです。 温かいスープの中に紫イモや人参、カボチャなどを裏ごしした白玉のお団子が入っています。 ココナッツの白いスープに紫や緑、黄色、オレンジなど、日本にはない色彩なのでややとっつきづらい見た目ではありますが、味わいはまさに「タイ版白玉ぜんざい」。 もちもちとしたお団子の食感と、コクのあるスープが絶妙で、ほっとするようなやさしい甘さにリピーターが後を絶ちません。 ちなみに、「ブア」はタイ語で蓮、「ローイ」は浮くという意味。 タイでは屋台で気軽に楽しむことができます。 また、中国料理の『ブアローイ・ナムキン』は『ブアローイ』の派生版。 胡麻餡入りの白玉を、しょうがの効いた味付けでどうぞ。 タイおすすめデザート2. ウンガティ(ウンカティ) いわゆる寒天ゼリーです。 ココナッツとパンダナスの葉から作ります。 白い部分は塩味を少し効かせたココナッツゼリーで、緑色の部分はパンダナスの葉由来のナチュラルな色。 見た目に涼しげで、暑季にもぴったりのデザートです。 隠し味として少しの塩が、ココナッツミルクの甘さを引き立てます。 素朴な味わいのお菓子ですが、お祝い用には豪華なものが作られることも。 たとえば花をかたどったピンクやブラウンのゼリーが何十もの層を成す『ウンガティ』は、その場を華やがせるデザートの主役級になります。 タイおすすめデザート3. カノムブアン 街角の屋台で売られている『カノムブアン』。 鉄板の上で土台となる生地をのばして丸く焼きます。 その上にお好みの具材を乗せて、巻くとできあがり。 硬いクレープのような作りで、外の皮はパリパリです。 メレンゲやドライフルーツを入れたスイーツ風のものに加え、塩味ベースにエビなどを加えた軽食用も売られています。 手のひらサイズで値段もお手頃なので、いくつでも食べられそう。 小腹が空いたときにぴったりです。 タイおすすめデザート4. サンカヤーファクトーン ファクトーンはタイ語でカボチャを意味しており、その通りカボチャが主役のお菓子です。 材料はカボチャ、卵、ココナッツミルク。 カボチャの種をくりぬいた部分に、ココナッツミルクと卵をあわせたクリームを流し込み、蒸し上げます。 プリンのような食感とカボチャの自然な甘みが特徴で、タイの一般家庭ではよく食べられているそう。 カボチャをまるごと一個使うので、食べるときは適当なサイズに切り分けてスプーンで食べることが多いです。 タイおすすめデザート5. ロートチョン タイでもっともポピュラーな食材に数えられる『パンダンリーフ』『米粉』『タピオカ』『ココナッツミルク』。 実にさまざまな料理に使われていますが、『ロートチョン』は見た目が少々ユニークなこともあり、旅の思い出話のひとつにもなるデザートです。 『ロートチョン』は、『パンダン』で緑色に色づけした麺を、濃厚なココナッツミルクで味わうデザート。 米粉やタピオカ製のにょろにょろとした麺が、白いジュースに浮いているさまはなかなかのインパクトです。 トッピングはお店や屋台によって個性があり、氷や黒米、メロンなどそれぞれのお店の味が楽しめます。 日本ではまず見ないビジュアルですが、ココナッツミルクの濃厚さに麺のにゅるっとした食感がやみつきになる人も多いよう。 味わうだけでなく、ぜひ写真に収めておきたい個性的なデザートです。 タイおすすめデザート6. ナームケンサイ いわゆるタイ風かき氷です。 蜜がたっぷりかかった上に、甘く漬けたイモやココナッツミルク、フルーツやお菓子などさまざまなトッピングを乗せていただくのがタイ流です。 自分流の『ナームケンサイ』を注文して、タイの熱さを吹き飛ばしましょう。 タイおすすめデザート7. シャオクワイ コンビニや移動屋台でも買えるシャオクワイは、仙草ゼリーを使ったタイのお手軽デザートです。 仙草の束を鍋で煮込んで型に入れて固め、それを格子状に張った細い鉄線の上に置き、上から機械で押すと、一口ほど大きさの仙草ゼリーのできあがり。 一見コーヒーゼリーのような色味ですが、やや漢方の風味があり、食感はゼリーよりも少し固め。 甘さひかえめのみずみずしい冷たさが、蒸し暑さで高まった不快指数を和らげてくれます。 ゼリーだけをシンプルにいただくのもよいですが、甘さひかえめの小豆や甘い牛乳との相性がよく、また違った風味でさっぱりとした味わいに。 お好みで購入するといいでしょう。

次の

デザート|ローソン公式サイト

デザート おすすめ

ダイエット中でもデザートが食べたい!そんな時におすすめのレシピ! ダイエット中は デザートは控えるべき。 そんなことはわかっているけど、それでもどうしても食べたくなってしまうのがデザートの魔力、ですよね。 それに、あまり我慢をし過ぎるとストレスが溜まって、ドカ食いや暴飲暴食をしてしまい、リバウンドするハメになったりすることも・・。 ダイエット中だからこそ、デザートを食べて適度にストレスを発散させることも必要ですよね。 とは言え、通常のデザートを食べてしまえばカロリーオーバーになることは目に見えています。 それなら、ローカロリーのデザートを作っちゃえばいい!とは思いませんか? そこで今回は、 ダイエット中でもOKのデザートレシピを集めてみました。 ダイエット中の方はもちろんのこと、普段ついデザートを食べ過ぎてしまうという方もぜひ参考にしてみて下さいね。 ダイエット中でもOKなデザートの特徴 ダイエット中でもデザートが食べたいけど、気になるのはやっぱりカロリーではないでしょうか。 カロリーは糖質や脂質を多く含むものが高くなる傾向にありますが、デザートはまさに糖質や脂質を多く含む代表的な食べ物。 そのため、ダイエット中でもOKなデザートなんて本当はないのでは?と思ってしまうかも知れません。 しかし、世の中には 低カロリーのデザートという物が存在しています。 一見どこにでもある普通のケーキと同じなのに、カロリーは半分以下、またはそれ以上に低い場合もありますよね。 このような時は、糖質や脂質の使用量を抑えているだけではなく、満足感を損なわないようにある食材をプラスして工夫していることが多いと言われています。 そのプラスする食材としてよく使われているのが 豆腐です。 豆腐は大豆を原料としていてとても低カロリーの食材。 さらには食物繊維が豊富なため、お腹に溜まりやすく満腹感を得やすいなど、ダイエットの強い味方となってくれます。 これと同様に、同じ大豆から作られるおからや豆乳なども、ダイエット中のデザートの材料として利用されやすいと言えます。 ダイエット中のデザートを食べるタイミングや太りにくい時間帯は? ダイエット中にデザートを食べる時は、この上ない罪悪感があったりするもの。 その罪悪感を少しでも減らすためには、「食べてもよい時間帯」を意識することが大切です。 と言うのも、同じデザートを食べるにしても 太りにくい時間というのがあるからです。 ではそれはいつなのかと言うと、 朝と夕方です。 朝は、食べた物がその後の活動で消費されやすいため、多少カロリーの高い物を食べても問題がないと言われています。 他のダイエット方法でも、朝食はしっかり食べて、昼食や夕食はカロリーを減らした食事をするのがよいとしている場合が多くあります。 しかし、朝からデザートは食べられないという人もいますよね。 そのような時は15~16時の夕方に食べるのがよいでしょう。 この時間帯は一日の中で最も体温が高く、脂肪燃焼効果が高いと言われています。 また、活動中の方がほとんどのため、食べても消費されやすいと言えるでしょう。 ダイエット中のデザートで気を付ける点は? デザートと言うと、生クリームたっぷりのパフェやフルーツがのったケーキなんかを想像してしまいがちですが、ダイエットをしているにも関わらず思うように体重が落ちないと悩んでいる方の一日を覗いてみると、以外に多いのが「ながら食べ」によるカロリー摂取です。 テレビを見ながら、仕事をしながら、つい目の前のお菓子をつまみ食いしていませんか? ちょっとくらいだから大丈夫だろうと思うかも知れませんが、 ながら食べの一番の問題点は意識せずに食べてしまうことです。 意識して食べていないということは、自分がどれくらい食べたのか把握していないということ。 そのため、気が付いたら一袋空にしてしまったということもよくあります。 また、このながら食べは、単にカロリーの摂り過ぎになるだけではなく、甘い物を食べることでストレスが発散されるというメリットを生かすことができないため、ダイエット中はとても無駄な行為と言えます。 ダイエット中にデザートを食べる時は、デザートを食べていることを意識して満足感を得ることが大事なので、お菓子やチョコレートなどながら食べしてしまうようなデザートは控えるようにしましょう。 ダイエット中でもOKなデザートのレシピおすすめ15選! 最近はコンビニやスーパーなどでも低カロリーのデザートのラインナップが豊富になっていますが、自分の食べたい物がない場合は自作するしかありませんよね。 ここでは、ダイエット中でも食べられる低カロリーのデザートレシピをご紹介したいと思います。 ボールに卵、砂糖を入れてハンドミキサーで混ぜたら、コーンスターチ、レモン汁、水切りヨーグルトを入れて混ぜ、ブルーベリーを入れた後、型に流し込みオーブンで焼いて完成です。 オーブンに入れて焼いたら粗熱をとって型ごと冷蔵庫で冷やし、お好みにカットして完成です。 冷凍保存袋に入れて冷凍庫で凍らせたら、手で揉み解して完成です。 解して凍らせる工程を繰り返すほど、滑らかに仕上がります。 生地をドーナツ型に成形し、オーブンで焼いて完成です。 参考URL: おからとヨーグルトで濃厚チーズケーキ おから、豆乳(牛乳)、卵、ヨーグルト、レモン汁、オリーブオイル、はちみつ、塩、小麦粉、BP、レーズンを上から順にボールに入れ混ぜ合わせたら、型に流し込みオーブンで焼き、粗熱をとった後冷蔵庫で冷やして完成です。 粗熱がとれたら仕上げに粉糖を振りましょう。 ゆであずき缶を型の底に敷き詰め、ボールに豆腐、ヨーグルト、砂糖、抹茶を入れて混ぜ合わせたものに、レンジで加熱したゼラチンを加え、型に流し込んで冷蔵庫で冷やし固めて完成です。 参考URL: お豆腐のレアチーズムース 水切りした豆腐と、はちみつ、レモン汁、バニラエッセンスを入れてミキサーで撹拌します。 ビスケットは細かく砕いてカップに入れ、そこにミキサーで撹拌したものを流し込んで、冷蔵庫で冷やしたら完成です。 参考URL: 材料2つ!豆腐のお団子デザート 片栗粉と豆腐を同量ボールや袋の中で混ぜ合わせ、一口大に丸めたら沸騰しているお湯に落とし茹でます。 茹で上がったら、お好みできな粉や黒蜜などをかけて頂きます。 参考URL: 春巻きの皮アップルパイ 皮を剥いたりんごを1㎝の角切りにし、砂糖、シナモンパウダーとともにボールに入れレンジで加熱します。 常温に戻して置いた春巻きの皮で、先ほどのりんごを冷ましてから包み、オーブンで焼いて完成です。 卵黄を混ぜてそこに豆腐、バニラエッセンス、砂糖、小麦粉を混ぜます。 卵黄と卵白を混ぜ、型に流し込んだらオーブンで焼いて完成です。 参考URL: ヨーグルトだけ、のアイスクリーム 好きなヨーグルトを冷凍庫で凍らせるだけでおいしいアイスクリームが完成します。 参考URL: ダイエット中でもOKなデザートレシピおすすめ15選!のまとめ ダイエット中はデザートを食べないと決めてしまうと、ストレスになってダイエットに挫折してしまいやすくなりますが、適度にデザートをとることでストレスを上手に発散して、ダイエットを成功に導くことができます。 今回ご紹介したレシピを元に、デザートを諦めないダイエットをしてみて下さいね。

次の

【サイゼリヤ】おすすめのデザートメニューランキング!値段もチェック!

デザート おすすめ

ダイエット中でもデザートが食べたい!そんな時におすすめのレシピ! ダイエット中は デザートは控えるべき。 そんなことはわかっているけど、それでもどうしても食べたくなってしまうのがデザートの魔力、ですよね。 それに、あまり我慢をし過ぎるとストレスが溜まって、ドカ食いや暴飲暴食をしてしまい、リバウンドするハメになったりすることも・・。 ダイエット中だからこそ、デザートを食べて適度にストレスを発散させることも必要ですよね。 とは言え、通常のデザートを食べてしまえばカロリーオーバーになることは目に見えています。 それなら、ローカロリーのデザートを作っちゃえばいい!とは思いませんか? そこで今回は、 ダイエット中でもOKのデザートレシピを集めてみました。 ダイエット中の方はもちろんのこと、普段ついデザートを食べ過ぎてしまうという方もぜひ参考にしてみて下さいね。 ダイエット中でもOKなデザートの特徴 ダイエット中でもデザートが食べたいけど、気になるのはやっぱりカロリーではないでしょうか。 カロリーは糖質や脂質を多く含むものが高くなる傾向にありますが、デザートはまさに糖質や脂質を多く含む代表的な食べ物。 そのため、ダイエット中でもOKなデザートなんて本当はないのでは?と思ってしまうかも知れません。 しかし、世の中には 低カロリーのデザートという物が存在しています。 一見どこにでもある普通のケーキと同じなのに、カロリーは半分以下、またはそれ以上に低い場合もありますよね。 このような時は、糖質や脂質の使用量を抑えているだけではなく、満足感を損なわないようにある食材をプラスして工夫していることが多いと言われています。 そのプラスする食材としてよく使われているのが 豆腐です。 豆腐は大豆を原料としていてとても低カロリーの食材。 さらには食物繊維が豊富なため、お腹に溜まりやすく満腹感を得やすいなど、ダイエットの強い味方となってくれます。 これと同様に、同じ大豆から作られるおからや豆乳なども、ダイエット中のデザートの材料として利用されやすいと言えます。 ダイエット中のデザートを食べるタイミングや太りにくい時間帯は? ダイエット中にデザートを食べる時は、この上ない罪悪感があったりするもの。 その罪悪感を少しでも減らすためには、「食べてもよい時間帯」を意識することが大切です。 と言うのも、同じデザートを食べるにしても 太りにくい時間というのがあるからです。 ではそれはいつなのかと言うと、 朝と夕方です。 朝は、食べた物がその後の活動で消費されやすいため、多少カロリーの高い物を食べても問題がないと言われています。 他のダイエット方法でも、朝食はしっかり食べて、昼食や夕食はカロリーを減らした食事をするのがよいとしている場合が多くあります。 しかし、朝からデザートは食べられないという人もいますよね。 そのような時は15~16時の夕方に食べるのがよいでしょう。 この時間帯は一日の中で最も体温が高く、脂肪燃焼効果が高いと言われています。 また、活動中の方がほとんどのため、食べても消費されやすいと言えるでしょう。 ダイエット中のデザートで気を付ける点は? デザートと言うと、生クリームたっぷりのパフェやフルーツがのったケーキなんかを想像してしまいがちですが、ダイエットをしているにも関わらず思うように体重が落ちないと悩んでいる方の一日を覗いてみると、以外に多いのが「ながら食べ」によるカロリー摂取です。 テレビを見ながら、仕事をしながら、つい目の前のお菓子をつまみ食いしていませんか? ちょっとくらいだから大丈夫だろうと思うかも知れませんが、 ながら食べの一番の問題点は意識せずに食べてしまうことです。 意識して食べていないということは、自分がどれくらい食べたのか把握していないということ。 そのため、気が付いたら一袋空にしてしまったということもよくあります。 また、このながら食べは、単にカロリーの摂り過ぎになるだけではなく、甘い物を食べることでストレスが発散されるというメリットを生かすことができないため、ダイエット中はとても無駄な行為と言えます。 ダイエット中にデザートを食べる時は、デザートを食べていることを意識して満足感を得ることが大事なので、お菓子やチョコレートなどながら食べしてしまうようなデザートは控えるようにしましょう。 ダイエット中でもOKなデザートのレシピおすすめ15選! 最近はコンビニやスーパーなどでも低カロリーのデザートのラインナップが豊富になっていますが、自分の食べたい物がない場合は自作するしかありませんよね。 ここでは、ダイエット中でも食べられる低カロリーのデザートレシピをご紹介したいと思います。 ボールに卵、砂糖を入れてハンドミキサーで混ぜたら、コーンスターチ、レモン汁、水切りヨーグルトを入れて混ぜ、ブルーベリーを入れた後、型に流し込みオーブンで焼いて完成です。 オーブンに入れて焼いたら粗熱をとって型ごと冷蔵庫で冷やし、お好みにカットして完成です。 冷凍保存袋に入れて冷凍庫で凍らせたら、手で揉み解して完成です。 解して凍らせる工程を繰り返すほど、滑らかに仕上がります。 生地をドーナツ型に成形し、オーブンで焼いて完成です。 参考URL: おからとヨーグルトで濃厚チーズケーキ おから、豆乳(牛乳)、卵、ヨーグルト、レモン汁、オリーブオイル、はちみつ、塩、小麦粉、BP、レーズンを上から順にボールに入れ混ぜ合わせたら、型に流し込みオーブンで焼き、粗熱をとった後冷蔵庫で冷やして完成です。 粗熱がとれたら仕上げに粉糖を振りましょう。 ゆであずき缶を型の底に敷き詰め、ボールに豆腐、ヨーグルト、砂糖、抹茶を入れて混ぜ合わせたものに、レンジで加熱したゼラチンを加え、型に流し込んで冷蔵庫で冷やし固めて完成です。 参考URL: お豆腐のレアチーズムース 水切りした豆腐と、はちみつ、レモン汁、バニラエッセンスを入れてミキサーで撹拌します。 ビスケットは細かく砕いてカップに入れ、そこにミキサーで撹拌したものを流し込んで、冷蔵庫で冷やしたら完成です。 参考URL: 材料2つ!豆腐のお団子デザート 片栗粉と豆腐を同量ボールや袋の中で混ぜ合わせ、一口大に丸めたら沸騰しているお湯に落とし茹でます。 茹で上がったら、お好みできな粉や黒蜜などをかけて頂きます。 参考URL: 春巻きの皮アップルパイ 皮を剥いたりんごを1㎝の角切りにし、砂糖、シナモンパウダーとともにボールに入れレンジで加熱します。 常温に戻して置いた春巻きの皮で、先ほどのりんごを冷ましてから包み、オーブンで焼いて完成です。 卵黄を混ぜてそこに豆腐、バニラエッセンス、砂糖、小麦粉を混ぜます。 卵黄と卵白を混ぜ、型に流し込んだらオーブンで焼いて完成です。 参考URL: ヨーグルトだけ、のアイスクリーム 好きなヨーグルトを冷凍庫で凍らせるだけでおいしいアイスクリームが完成します。 参考URL: ダイエット中でもOKなデザートレシピおすすめ15選!のまとめ ダイエット中はデザートを食べないと決めてしまうと、ストレスになってダイエットに挫折してしまいやすくなりますが、適度にデザートをとることでストレスを上手に発散して、ダイエットを成功に導くことができます。 今回ご紹介したレシピを元に、デザートを諦めないダイエットをしてみて下さいね。

次の