トレジャリーワイン。 「イエローラベル カベルネ・ソーヴィニョン 375ml」2020年4月1日より新発売|トレジャリー・ワイン・エステーツ・ジャパン株式会社のプレスリリース

「イエローラベル カベルネ・ソーヴィニョン 375ml」2020年4月1日より新発売

トレジャリーワイン

肉専用黒ワインを名乗るカーニヴォ。 じゃあ、今の時期、この「カーニヴォ カベルネ・ソーヴィニヨン」と「カーニヴォ ジンファンデル」に合わせるならどんな料理がいい? WINE WHATはそれぞれに合うテイクアウト「肉」メニューをここにご紹介します。 カーニヴォに全幅の信頼を置く焼肉 ようやく、自粛もとけて、気持ちのいい季節の到来。 気持ちいい風を感じながら外でワインを楽しみたい。 食のお供、あなたなら何を選ぶ? 今回紹介するワインは「カーニヴォ」ならば、もう食は「肉」。 生粋の肉好きにとってありがたいのが、名だたる人気店が全力で提案する、贅沢過ぎるテイクアウトメニューだ。 もちろん、リッチな味わいをよりいっそう広げてくれるワインも欠かせない。 そこで用意しておきたいのが、堂々とあらゆる肉の旨さを引き立てる「肉専用黒ワイン」を名乗る、「カーニヴォ」だ。 カーニヴォ カベルネ・ソーヴィニヨン 原産国/地域:アメリカ/カリフォルニア 品種/カベルネ・ソーヴィニヨン主体 問い合わせ先 サントリーお客様センター 手掛けるのは禁酒法が廃止された1933年、アーネストとジュリオ・ガロ兄弟がアメリカ、カリフォルニア州に設立した「E. ガロワイナリー」。 同地のテロワールを知り尽くし、創業以来蓄積したノウハウをもとに、高品質なワインを生み出すことで知られている。 カリフォルニアの中でも、ナパやソノマに引けを取らない肥沃なエリア、ローダイのブドウで造られる。 「カーニヴォカベルネ・ソーヴィニヨン」は、カカオやコーヒーの奥深い香りに、きめ細かく存在感のあるタンニン。 たっぷりとした果実味が、長い余韻につながる。 合わせたいのは、遠赤外線効果でふっくら仕上がる富士山の溶岩プレートで厳選した肉を提供する「焼肉ZENIBA」のサーロインステーキ弁当。 A5ランクの雌牛ミスジを贅沢に使用した一品だ。 「焼肉ZENIBA 田町店」の「サーロインステーキ弁当」 2,400 円(税込) 焼肉ZENIBA 田町店 東京都港区芝浦3-7-15 チトセビル5F 電話 050-5269-8849 営業時間 11:30 ~ 17:00(16:30 L. O)、17:00 ~ 23:30(23:00 L. 詳細は店舗へお問い合わせください。 口中で溶ける牛肉の甘やかな脂にワインが重なり、力強く旨みが広がる絶品マリアージュ。 ちなみに、肉に特化した同店では、カーニヴォの 実力に全幅の信頼を置き、ワインリストに2種類を常備しているというから、間違いない。 上質な肉を噛みしめるハンバーガー そして、「カーニヴォジンファンデル」は、プラムやダークチェリーなど、コクと深みを感じる複雑な香りに、しなやかさとインパクトを兼ね備えた1本。 カーニヴォ ジンファンデル 原産国/地域:アメリカ/カリフォルニア 品種/ジンファンデル主体 問い合わせ先 サントリーお客様センター こちらは、「プルドビーフバーガー」とともに。 1938年、全米初のプライムリブ専門店としてビバリーヒルズに開業した「ロウリーズ・ザ・プライムリブ」、その恵比寿ガーデンプレイス店限定で購入できる、オリジナルのハンバーガーだ。 「ロウリーズ・ザ・プライムリブ 恵比寿ガーデンプレイス店」限定のオリジナル「プルドビーフバーガー」 1,200円 ロウリーズ・ザ・プライムリブ恵比寿ガーデンプレイス店 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー地下2F 電話 03-5488-8088 営業時間 11:30 ~ 15:00(14:00L. )、17:00 ~ 23:00(22:00L. 詳細は店舗へお問い合わせください。 カジュアルスタイルの代表格であるバーガー形態でありながら、上質な肉を噛みしめる喜びが堪能でき、ジンファンデルの伸びやかな果実味が、さらにその美味しさを格上げする。 一言に肉といっても、和牛からアメリカンスタイルなど、味わいは様々。 しかし、それらを一気に受け止めて相乗効果を生むのが、「肉専用黒ワイン」カーニヴォの実力。 無類の肉好きを公言するワインラヴァーならば、ぜひその本能に訴える恍惚感を体験してみてはいかがだろうか。

次の

グルメでおうち旅気分。食卓を格上げしてくれる世界の「ワイン」

トレジャリーワイン

グローバルに展開するワイン会社、トレジャリー・ワイン・エステーツ 日本支社所在地:東京都港区、以下 TWE では、日本におけるプレミアムワイン市場の需要を取り込むため、新たなマーケット戦略の下、オーストラリアおよびニュージーランドのワインブランドの提供販路を拡大します。 これにより、TWEでは、2017年1月10日よりローソンズ・リトリート、リンデマンズ、ウィンズ、コールドストリーム・ヒルズ、イエローグレン、ペッパージャック、シークレット・ストーンなどのプレミアムワインブランドの、直輸入及び販売を開始します。 販売チャネルはスーパーマーケットやコンビニエンスストア、酒販売店、およびeコマース等を予定しています。 加えて、2017年4月からは、当社が展開するカリフォルニアワインブランドも導入する予定です。 TWEのワインポートフォリオ 今回の新たな自社による輸入販売は、日本における当社と既存の販売代理店とのパートナーシップの上に構築するもので、ペンフォールズ、ベリンジャー、ウルフ・ブラス、ローズマウント、マトゥアなどのブランドは、引き続き販売代理店のパートナーシップを通じて皆様にお届けしていく予定です。 「TWEのポートフォリオの拡大は、日本の消費者の間でプレミアムワインへの需要が伸長傾向にあるのと、TWEにおける日本市場の重要性を反映するものです。 これは我々にとっても、日本のワイン愛好家の皆様にとっても重要でエキサイティングなステップとなるでしょう。 複数のワインブランドを自社で輸入販売することで、我々のチームは、これまで以上に消費者やパートナーとの強固な関係を構築することができるのです。 先日、オーストラリアワインの関税の段階的撤廃を示唆する日本オーストラリア経済連携協定が署名され、オーストラリアワインは、消費者やワイン業界にとって、より一層魅力的になりつつあるのです」 TWE 日本支社長 トラヴィス・ブラウンのコメント 「TWEは中国圏、韓国、シンガポール、台湾市場へのルートの拡大において大きな成功を見ており、私たちは今、日本に焦点を当てています。 日本の一人当たりのワイン消費量は、アジア地域で最も高いエリアの一つであり、我々は、日本ではプレミアムワインへの関心が増加傾向にあると見ています。 これは、TWEにとって大きな進出機会であり、世界で多くの賞を受賞しているワインブランドを有し、日本にも多くの主要顧客とのパートナーシップを築いています。 その顧客層に加え、今回、新たな直輸入モデルを加えることで、私たちのビジネスは日本で成長するには絶好の位置につけていると捉えています」 TWE アジア・ヨーロッパ・ラテンアメリカ担当取締役社長 ロバート・フォイエのコメント オーストラリアでは1843年にリンデマンズ、1844年にペンフォールズ オーストラリア を設立、米国では1876年にベリンジャー・ヴィンヤーズを創立以降、TWEは、世界で最も認められ、数多くの賞を受賞するポートフォリオを有しています。 2016年度は、3,360万ケース 1ケース=9リットル を販売し、22億3,200万オーストラリアドルの純売上高を達成しました。 TWEはオーストラリア/ニュージーランド、アジア、米国、欧州の4つのビジネスモデルを展開しており、世界中100ヵ国以上でワインを販売しています。 当社では、オーストラリアとニュージーランドにおいて9,000ヘクタール以上のブドウ畑を所有・運営しており、また方々から好評を得ているオーストラリアのバロッサ・ヴァレーとクナワラ、ニュージーランド南島・マールボロにおけるブドウ栽培における資産も管理しています。 米国では、ソノマ郡、ナパ・ヴァレー、パソロブレス、サンタバーバラなど、カリフォルニアの著名なワイン生産地において4,000ヘクタール以上のブドウ畑を運営しているほか、絵画のように美しいイタリア・トスカーナ地方のブドウ園も運営しています。 ペンフォールズ、ウルフ・ブラス、ボーリュー・ヴィンヤード、リンデマンズ、スターリング・ヴィンヤーズ、ブロッサム・ヒル、ペッパージャック、ローソンズ・リトリート、マトゥア、ベリンジャー、スタッグス・リープ、19クライムズ、ガビアーノ、シャトー・セント・ジーン、ウィンズ・クナワラ・エステートなど、当社では世界中で多くの賞を受賞しているワインブランドを有しています。 TWEでは、国際的に認められたワインの産地において世界トップクラスの生産設備を投じ、展開ブランドのプレミアム化とブランド主導のマーケティングに焦点を当てています。 所有、リース、第三者所有など異なる所有形態のブドウ畑から供給されるブドウが、当社の源となっています。 現在、ワインメーカー、ブドウ栽培家、販売、マーケティング、流通、サポートスタッフなど3,500名に上る従業員を擁し、TWEのワインは、世界100ヵ国以上で販売されています。

次の

トレジャリー・ワイン・エステーツ ジャパン株式会社 の求人概要

トレジャリーワイン

自社畑、契約畑、栽培家所有の畑、大規模なワイン市場の高品質の葡萄へのアクセスがあり、選果を行っています。 我々の選ぶ葡萄品種は地域によって異なります。 オーストラリアとニュージーランドに植樹面積9,000ヘクタール以上を持ち、オーストラリアでは、バロッサ・ヴァレー、クナワラ、ニュージーランドではマルボロとサウス・アイランドの最も人気の高い栽培地を所有しています。 アメリカでは、カリフォルニア州のソノマ・カウンティ、ナパ・ヴァレー、パソ・ロブレス、サンタ・バーバラの著名な栽培地において面積4,000ヘクタール以上の畑を所有し、葡萄を栽培しています。 イタリアのトスカーナでもガッビアーノ・ヴィンヤードを所有しております。 私たちのブランド・ポートフォリオは世界レベルでも他と一線を画しています。 ハイエンドなアイコニックワイン、ペンフォールズからさらに拡大し、魅力的なリンデマンズ、新たな顧客層へのアピールを目的とした新たなブランドの数々を持ち、広範囲で多様なマーケティング戦略でブランドのワインを販売することを誇りに思っております。 私たちのブランドの歴史は偉大で、卓越した品質、世界規模で賞賛を受けております。 私たちはブランド確立において、顧客とエンゲージする統制され革新的な戦略を用いています。 世界中のお客様にアイコンワインを販売しており、各国の市場にマッチしたマーケティングモデルを採用し、地域のビジネスチャンスを生かしております.

次の