虎ノ門 ニュース 公式。 青山繁晴と『虎ノ門ニュース』の醜すぎるケンカ! フェイク垂れ流し番組がネトウヨ議員に嘘つき認定のトホホ、それでも青山信者は… (2020年3月14日)

青山繁晴と『虎ノ門ニュース』の醜すぎるケンカ! フェイク垂れ流し番組がネトウヨ議員に嘘つき認定のトホホ、それでも青山信者は… (2020年3月14日)

虎ノ門 ニュース 公式

【虎8チャンネル 2015. 5 正式オープン!】 ・ここは「真相深入り!虎ノ門ニュース」のアーカイブが保管される場所です。 月額550円の有料サービスとなります。 ぜひご入会のほど、よろしくお願いいたします。 ・番組のニコニコ生放送も、このページからの配信となりますが、生放送は引き続き無料配信です。 これまで通り、平日AM8時〜10時にて放送いたします。 ・なお、虎8チャンネルはこれまでテスト運用中でしたが、2015年10月5日より正式オープンとさせていただきます。 タイムシフト期間が過ぎてもいつでもご覧頂けます。 (申し訳ございませんが、過去の動画は一旦下げさせて頂きます) 今後ともご支援のほど、何卒よろしくお願いいたします。 本チャンネルはご好評頂いております「虎ノ門ニュース8時入り!」のアーカイブチャンネルです。 YouTubeで放送されたもののアーカイブとなりますので、やや低画質になります。 ご了承下さい。 虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!!タブーなき憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと」は基本いたしません。 なので、ニュース選びも出演者打ち合わせもすべてダダ漏れ感覚でお送りします。 なので、司会者やパネラーがスタジオ入りするのもズバリ8時!そこからこの日の番組をどう作っていくのか?何にこだわって語るのか?番組作りの舞台裏もお楽しみください!.

次の

安倍首相がとうとうネトウヨの巣窟・DHC「虎ノ門ニュース」に出演! 台風や石破茂との討論から逃げお仲間とじゃれあい|LITERA/リテラ

虎ノ門 ニュース 公式

ただ今回9月23日 祝 は、かなり直前のお休み決定でした。 番組にも、視聴者のみなさんにも、ご迷惑をおかけしました。 あらためて、ごめんなさい。 やむを得ないお休みではありましたが、まことに異例です。 そのためか、思いがけずさまざまに心配なさるコメントをこの地味ブログにいただきました。 「この際、虎ノ門ニュースを去り、ご自分のネット動画のアップに切り替えてください」という提案が幾つもありました。 同時に「絶対に虎ノ門ニュースはやめないでください」という強いトーンのご意見もありました。 まず、真摯に考えていただいたかた、そのすべてのかたに感謝します。 すこし蛇足かなとは思いました. ぼく自身としては、あまり書く気はしません。 しかしおのれの気持ちより、これ以上、みんな、みなさんに心配をかけないことの方がずっと優先します。 そうしたとき、いつも必ず聴くのは、ふたつの声です。 ひとつには、「青山さんを 地上波の テレビで見なくなって寂しい」という切実に響く声、そして「虎ノ門ニュース、いつも視ていますよ」という明るい声です。 いちばん最近で言えば、おとといの日曜に公務で入った堺でも、そうでした。 地方で話しかけてこられるかたの声では、上記の声以外にまだ、聴いたことがないのです。 だからといってその意見だけだとは思いません。 同時に、こうした素朴な声を裏切ることは、したくないですね。 光栄でしたが、すべてお断りしました。 虎ノ門ニュースのある関係者からも「TVタックルの友だちから頼まれて」ということで、考え直すのはいかがでしょうかという柔らかい打診もありました。 しかしTVタックルには今後も参加しません。 TVタックルを槍玉に挙げているのではなくて、ひとつの例です。 ぼくなんぞが参加しなくても、それはまるで関係なく、ちゃんと続いていく番組です。 なぜか。 上記のとおり、「寂しい」という素直な声を良く聴くからです。 もっとも最近では、地上波のテレビからまったくオファーがありません。 それは当然とも思います。 ずいぶん断りましたからね。 いちばん親近感があるのは、アンカーという、みなさんの胸に残ってくれているらしい報道番組に9年半も参加していた関西テレビですが、オファーはないです。 現職の国会議員、特定の政党の国会議員というのも壁になっているのだろうと思います。 これまでも、今後も、これからも、芸能プロダクションに属したりは決してしませんから、ご縁はなかなか無いと思います。 ごくささやかに端っこではありますが、国を支える任務にも就いているのですから。 国会議員になってからのことでは、ありませぬ。 「政・官に任せるのではなく民間からも国を支えよう」という理念を掲げて、会社組織の独立総合研究所を同志と創立し、その代表取締役社長・兼・首席研究員に就いたときから、まったく同じです。 簡単に動くことは、申し訳ないですが、ありません。 また、本質的ではないとおのれが鎮まって考えていることどもに動かされるようなことは、ありません。 これは実は以前は、つまり独立総合研究所の社長時代は、やっていました。 新しくやることも、すこし考えています。 ただし、今のところは、考えるにしても「読書」とか「映画」とか、そのほかの発信とは違う分野を考えたりしています。 自分のネット動画を発信するということは、虎ノ門ニュースなどに代わるものというより、別なものとして考え中です。 そして、あくまで「すこしは考えています」という段階です。 きょう9月24日火曜の夜現在、その予定でいます。 2019-09-28 12:26:54 31年間テレビを見ていない関東人なので、青山繁晴議員のことを知ったのはつい最近です。 いつだっただろう、選挙の1年前位だったかもしれません。 てきとうに検索していたら面白い動画があってそれが青山さんのだったのかな、きっかけは忘れました。 選挙の時も周囲の人が青山さんを知らないので、「青山さんは名前が売れてるから大丈夫」と言っていた関西の人に、関東では無名に近い状態だから投票してよと言った覚えもあります。 私のごく個人的な印象と、周囲の人を観察した限りでは、さほどお名前が有名ではありません。 比較して申し訳ないですが、一時期知事をやっていた東国原氏のほうが有名です。 テレビやネット番組の露出は、青山議員のお心のままになさってください。 一応、関東の一部地域の様子をお知らせしました。 2019-09-25 21:39:25 青山さん いつもありがとうございます。 メディアへの出演に関する記述を読んで、常に自分の事は後回しにされて、周囲を思いやる優しさに心から感謝します。 読んで感じたことは、地上波テレビやラジオ、インターネットへの出演に関しては、私自身がそれらをキッカケに青山さんを知り、政治に興味を持ったことを考えると、この先憲法改正を目指す際国民に考えるキッカケを持って頂くためには、回数は少なかったとしても検討する意義はあると感じます。 でも青山さんが疲弊してしまうほど、頑張らなくてはならないような状況をこれ以上作る事は私は望んでいません。 様々な問題を現地で確認できるような時間も確保して欲しいし、御家族との時間も大切にして欲しいとも思っているからです。 護る会の議員さんにもお力を借りて、微力ではありますが私達もお手伝いして 護る会のfacebook拡散など 一緒に考えていく仲間を増やしていければ良いなと思います。 頑張り過ぎないでくださいね! 2019-09-25 14:16:39 殺人的スケジュールやご自身の戦略、諸々の事情あってのことに、ただああしてくれこうしてくれとねだる烏滸がましさは百も承知で...... あの、加戸元知事への国会質問に対するメディアの黙殺ぶりは徹底していました。 かくのごとき「見えないメディアスクラム」に抗する意味で、地上波の出演機会があるなら是非出ていただきたいです。 いかにネット・オルタナメディアの存在感が増していても、まだまだ世間はTVに動かされていますから。 また、虎ノ門ニュースへのご出演も 変わらず 続けて欲しいです。 オルタナティブメディアの質を保つ、向上する意味で。 自身で取った情報を踏まえない、ニュースを見ての単なる感慨を述べてるだけのパッシブ「解説もどき」がまだまだ多いのがネット番組の現状です。 2019-09-25 12:26:24 青山さんは「ぼくに会いに来た方々」に聞いて・・いらっしゃる。 」と伺うと 「ラジオで聞いたことがある」これ、すごく多いです。 支持者の中で虎ノ門ニュースについては賛否両論がある事は知っておりますが、虎ノ門ニュースが国益に有益な番組ならば参加して欲しいと思いますし、虎ノ門ニュースが国益に害する番組ならば参加を考えるべきではないか? と、極シンプルに私自身は考えています。 勿論、青山議員が仰る『寂しい』という支持者の声は加味されるべき声だとも思います。 僭越な物言いで、大変に恐縮ですが現在の虎ノ門ニュースは国益に有益な番組だと私自身は思っています。 しかし、虎ノ門ニュースが常に有益な番組で有り続けるかは疑問で、これを逸早く判断できるとしたら実際に参加されてる青山議員しか他ならないと思っていますので、私は青山議員の判断に委ねます。 支持者の方々も新しい発信を『もっと、もっと』ではなく、謙虚な姿勢で御自身の力で考え勉強するべきではないでしょうか? 2019-09-25 02:50:29 青山さんこんばんは コメントの中には虎ノ門ニュースを去った方がよいという意見があるようですが、私は反対致します。 この件において特に例に挙げたいのは最近の福島県の処理水問題の話です。 原田前環境大臣が火をつけ、小泉環境大臣が前環境大臣の発言を謝罪したため特にインターネット上で問題になりましたが、この小泉環境大臣の謝罪が問題化するためには絶対に欠かせない前提がありました。 少なくともインターネット上において「福島の処理水は基準以下であれば海洋放出して問題ないというコンセンサス」です。 青山さんは虎ノ門ニュースを始めとして、何年も前から何回もこの件を取り上げてこられました。 ある時はコップの水を飲んで見せたり、増え続けるタンクの問題を指摘しながら、何十万人もの政治に関心を持つ方々が見守る中で何度も、何度もです。 他にも取り上げてこられた方々がいるかもしれませんし、多くの方々の努力によってこのコンセンサスが形成されたのだとは思います。 しかし、その中の一助として青山さんの虎ノ門ニュースでの何十万人への継続した発信があったことは間違いないのです。 わが国は民主主義国家でありますから当然のことですが、何よりも強い影響力は国民のコンセンサスにあります。 原田前環境大臣が火をつけた際に「その通りだ! 」という声が上がり、前大臣の発言を小泉環境大臣が謝罪したときには「何やってんだ! 」という声が怒涛のように上がる。 小泉環境大臣はお若く、まだこれから様々を学ぶ必要もありましょうし、残念なことになってしまいましたが、国民のコンセンサスとまではいかずとも、インターネット上で処理水に関するコンセンサスが出来上がっている光景を見た時、私は感動したのです。 もちろん、様々な縛りで言うべきことを言えなくなったというのならば全く話は別ですが、言うべきことを言えるという点に関して自由にできているのならば、既に何十万人もの視聴者がついているその空間を放棄するメリットがどこにあるのだろうと私は思うわけであります。 故に私個人の意見ではありますが、青山さんが虎ノ門ニュースで発信を続けられることは、処理水の件を一例としてあげることができますように国益だと考えておりますし、 日本の尊厳と国益を護る会や、今後の消費税の件等も含めまして、続けていただけたらというのが私の考えであります。 過去に青山さんに体調を崩さないように寝るべきと意見を申しておきながら、この時間は私もまずいですね。 すぐに寝ようと思います。 おやすみなさい。 2019-09-24 23:22:08 青山ぎーん、 いつもありがとうございます! ネットでも、テレビでも ご出演番組はすべて嬉しいです 少し前になりますが フジテレビの午後のワイドショーにご出演された時 他党の議員さんもおひとりご出演でした ゲストのはずの青山ぎーんのご発言を よってたかって遮ろう、封じ込めようとしていたように記憶しています 堂々と、理路整然と発言なさっていたぎーん 生放送だからこそ 周りのドタバタがよくわかりましたが 収録だったら切り貼りされてしまいますね 虎ノ門ニュースのご出演は少なくなってしまわれたものの ブログでのご発信は増えたので心強いです お聞きしたいことがてんこ盛りになってしまいましたが 次回の虎ノ門ニュースを楽しみにしています!

次の

青山繁晴と『虎ノ門ニュース』の醜すぎるケンカ! フェイク垂れ流し番組がネトウヨ議員に嘘つき認定のトホホ、それでも青山信者は… (2020年3月14日)

虎ノ門 ニュース 公式

ただ今回9月23日 祝 は、かなり直前のお休み決定でした。 番組にも、視聴者のみなさんにも、ご迷惑をおかけしました。 あらためて、ごめんなさい。 やむを得ないお休みではありましたが、まことに異例です。 そのためか、思いがけずさまざまに心配なさるコメントをこの地味ブログにいただきました。 「この際、虎ノ門ニュースを去り、ご自分のネット動画のアップに切り替えてください」という提案が幾つもありました。 同時に「絶対に虎ノ門ニュースはやめないでください」という強いトーンのご意見もありました。 まず、真摯に考えていただいたかた、そのすべてのかたに感謝します。 すこし蛇足かなとは思いました. ぼく自身としては、あまり書く気はしません。 しかしおのれの気持ちより、これ以上、みんな、みなさんに心配をかけないことの方がずっと優先します。 そうしたとき、いつも必ず聴くのは、ふたつの声です。 ひとつには、「青山さんを 地上波の テレビで見なくなって寂しい」という切実に響く声、そして「虎ノ門ニュース、いつも視ていますよ」という明るい声です。 いちばん最近で言えば、おとといの日曜に公務で入った堺でも、そうでした。 地方で話しかけてこられるかたの声では、上記の声以外にまだ、聴いたことがないのです。 だからといってその意見だけだとは思いません。 同時に、こうした素朴な声を裏切ることは、したくないですね。 光栄でしたが、すべてお断りしました。 虎ノ門ニュースのある関係者からも「TVタックルの友だちから頼まれて」ということで、考え直すのはいかがでしょうかという柔らかい打診もありました。 しかしTVタックルには今後も参加しません。 TVタックルを槍玉に挙げているのではなくて、ひとつの例です。 ぼくなんぞが参加しなくても、それはまるで関係なく、ちゃんと続いていく番組です。 なぜか。 上記のとおり、「寂しい」という素直な声を良く聴くからです。 もっとも最近では、地上波のテレビからまったくオファーがありません。 それは当然とも思います。 ずいぶん断りましたからね。 いちばん親近感があるのは、アンカーという、みなさんの胸に残ってくれているらしい報道番組に9年半も参加していた関西テレビですが、オファーはないです。 現職の国会議員、特定の政党の国会議員というのも壁になっているのだろうと思います。 これまでも、今後も、これからも、芸能プロダクションに属したりは決してしませんから、ご縁はなかなか無いと思います。 ごくささやかに端っこではありますが、国を支える任務にも就いているのですから。 国会議員になってからのことでは、ありませぬ。 「政・官に任せるのではなく民間からも国を支えよう」という理念を掲げて、会社組織の独立総合研究所を同志と創立し、その代表取締役社長・兼・首席研究員に就いたときから、まったく同じです。 簡単に動くことは、申し訳ないですが、ありません。 また、本質的ではないとおのれが鎮まって考えていることどもに動かされるようなことは、ありません。 これは実は以前は、つまり独立総合研究所の社長時代は、やっていました。 新しくやることも、すこし考えています。 ただし、今のところは、考えるにしても「読書」とか「映画」とか、そのほかの発信とは違う分野を考えたりしています。 自分のネット動画を発信するということは、虎ノ門ニュースなどに代わるものというより、別なものとして考え中です。 そして、あくまで「すこしは考えています」という段階です。 きょう9月24日火曜の夜現在、その予定でいます。 2019-09-28 12:26:54 31年間テレビを見ていない関東人なので、青山繁晴議員のことを知ったのはつい最近です。 いつだっただろう、選挙の1年前位だったかもしれません。 てきとうに検索していたら面白い動画があってそれが青山さんのだったのかな、きっかけは忘れました。 選挙の時も周囲の人が青山さんを知らないので、「青山さんは名前が売れてるから大丈夫」と言っていた関西の人に、関東では無名に近い状態だから投票してよと言った覚えもあります。 私のごく個人的な印象と、周囲の人を観察した限りでは、さほどお名前が有名ではありません。 比較して申し訳ないですが、一時期知事をやっていた東国原氏のほうが有名です。 テレビやネット番組の露出は、青山議員のお心のままになさってください。 一応、関東の一部地域の様子をお知らせしました。 2019-09-25 21:39:25 青山さん いつもありがとうございます。 メディアへの出演に関する記述を読んで、常に自分の事は後回しにされて、周囲を思いやる優しさに心から感謝します。 読んで感じたことは、地上波テレビやラジオ、インターネットへの出演に関しては、私自身がそれらをキッカケに青山さんを知り、政治に興味を持ったことを考えると、この先憲法改正を目指す際国民に考えるキッカケを持って頂くためには、回数は少なかったとしても検討する意義はあると感じます。 でも青山さんが疲弊してしまうほど、頑張らなくてはならないような状況をこれ以上作る事は私は望んでいません。 様々な問題を現地で確認できるような時間も確保して欲しいし、御家族との時間も大切にして欲しいとも思っているからです。 護る会の議員さんにもお力を借りて、微力ではありますが私達もお手伝いして 護る会のfacebook拡散など 一緒に考えていく仲間を増やしていければ良いなと思います。 頑張り過ぎないでくださいね! 2019-09-25 14:16:39 殺人的スケジュールやご自身の戦略、諸々の事情あってのことに、ただああしてくれこうしてくれとねだる烏滸がましさは百も承知で...... あの、加戸元知事への国会質問に対するメディアの黙殺ぶりは徹底していました。 かくのごとき「見えないメディアスクラム」に抗する意味で、地上波の出演機会があるなら是非出ていただきたいです。 いかにネット・オルタナメディアの存在感が増していても、まだまだ世間はTVに動かされていますから。 また、虎ノ門ニュースへのご出演も 変わらず 続けて欲しいです。 オルタナティブメディアの質を保つ、向上する意味で。 自身で取った情報を踏まえない、ニュースを見ての単なる感慨を述べてるだけのパッシブ「解説もどき」がまだまだ多いのがネット番組の現状です。 2019-09-25 12:26:24 青山さんは「ぼくに会いに来た方々」に聞いて・・いらっしゃる。 」と伺うと 「ラジオで聞いたことがある」これ、すごく多いです。 支持者の中で虎ノ門ニュースについては賛否両論がある事は知っておりますが、虎ノ門ニュースが国益に有益な番組ならば参加して欲しいと思いますし、虎ノ門ニュースが国益に害する番組ならば参加を考えるべきではないか? と、極シンプルに私自身は考えています。 勿論、青山議員が仰る『寂しい』という支持者の声は加味されるべき声だとも思います。 僭越な物言いで、大変に恐縮ですが現在の虎ノ門ニュースは国益に有益な番組だと私自身は思っています。 しかし、虎ノ門ニュースが常に有益な番組で有り続けるかは疑問で、これを逸早く判断できるとしたら実際に参加されてる青山議員しか他ならないと思っていますので、私は青山議員の判断に委ねます。 支持者の方々も新しい発信を『もっと、もっと』ではなく、謙虚な姿勢で御自身の力で考え勉強するべきではないでしょうか? 2019-09-25 02:50:29 青山さんこんばんは コメントの中には虎ノ門ニュースを去った方がよいという意見があるようですが、私は反対致します。 この件において特に例に挙げたいのは最近の福島県の処理水問題の話です。 原田前環境大臣が火をつけ、小泉環境大臣が前環境大臣の発言を謝罪したため特にインターネット上で問題になりましたが、この小泉環境大臣の謝罪が問題化するためには絶対に欠かせない前提がありました。 少なくともインターネット上において「福島の処理水は基準以下であれば海洋放出して問題ないというコンセンサス」です。 青山さんは虎ノ門ニュースを始めとして、何年も前から何回もこの件を取り上げてこられました。 ある時はコップの水を飲んで見せたり、増え続けるタンクの問題を指摘しながら、何十万人もの政治に関心を持つ方々が見守る中で何度も、何度もです。 他にも取り上げてこられた方々がいるかもしれませんし、多くの方々の努力によってこのコンセンサスが形成されたのだとは思います。 しかし、その中の一助として青山さんの虎ノ門ニュースでの何十万人への継続した発信があったことは間違いないのです。 わが国は民主主義国家でありますから当然のことですが、何よりも強い影響力は国民のコンセンサスにあります。 原田前環境大臣が火をつけた際に「その通りだ! 」という声が上がり、前大臣の発言を小泉環境大臣が謝罪したときには「何やってんだ! 」という声が怒涛のように上がる。 小泉環境大臣はお若く、まだこれから様々を学ぶ必要もありましょうし、残念なことになってしまいましたが、国民のコンセンサスとまではいかずとも、インターネット上で処理水に関するコンセンサスが出来上がっている光景を見た時、私は感動したのです。 もちろん、様々な縛りで言うべきことを言えなくなったというのならば全く話は別ですが、言うべきことを言えるという点に関して自由にできているのならば、既に何十万人もの視聴者がついているその空間を放棄するメリットがどこにあるのだろうと私は思うわけであります。 故に私個人の意見ではありますが、青山さんが虎ノ門ニュースで発信を続けられることは、処理水の件を一例としてあげることができますように国益だと考えておりますし、 日本の尊厳と国益を護る会や、今後の消費税の件等も含めまして、続けていただけたらというのが私の考えであります。 過去に青山さんに体調を崩さないように寝るべきと意見を申しておきながら、この時間は私もまずいですね。 すぐに寝ようと思います。 おやすみなさい。 2019-09-24 23:22:08 青山ぎーん、 いつもありがとうございます! ネットでも、テレビでも ご出演番組はすべて嬉しいです 少し前になりますが フジテレビの午後のワイドショーにご出演された時 他党の議員さんもおひとりご出演でした ゲストのはずの青山ぎーんのご発言を よってたかって遮ろう、封じ込めようとしていたように記憶しています 堂々と、理路整然と発言なさっていたぎーん 生放送だからこそ 周りのドタバタがよくわかりましたが 収録だったら切り貼りされてしまいますね 虎ノ門ニュースのご出演は少なくなってしまわれたものの ブログでのご発信は増えたので心強いです お聞きしたいことがてんこ盛りになってしまいましたが 次回の虎ノ門ニュースを楽しみにしています!

次の