ゆう パケット 着払い。 メルカリ出品者が着払いで送るときに気を付けたいこと [メルカリの使い方] All About

郵便局での着払いの方法を完全マスター!もう返品も怖くない。

ゆう パケット 着払い

スポンサーリンク 郵便屋さん:「ピンポーン!ゆうパックお届けでーす!」 Aさん:「はーい!(印鑑押し)お疲れさまでーす!」 わーい!ネット通販で買ったパナマ産高級コーヒ豆、ゲイシャが届いたぞー! 早速開けてみよう(ガサゴソ、ガサガサ) ・・・・これは!!頼んだものとちがーう(ガーン) コーヒー、豆のままじゃなくて、挽いて粉になってるじゃないか・・・トホホホ これは苦情の電話しないと(ぴぽぱぽぴ・・・・) (とぅるるるるるー・・・) 店員さん:「はい、〇〇通販です。 いかがなさいましたか?」 Aさん:「すいません!頼んだ物と違うものが届いたんですけど(怒)」 店員さん:「それは申し訳ありません。 恐れ入りますが着払いでご返品くださいましたら、正しい商品をお送りいたします。 」 Aさん:「・・・・ちゃ、着払いだと!(え?着払いってなんだろう・・・?)」 なんて感じで、注文したものと違うものが届いてしまったり、破損した状態で届いてしまった。 なんて経験はありますか? 着払いで返品してくださいと言われてしまったのですが、Aさんは着払いをわかっていない様子なので、今回は着払いについて調べていきましょう。 スポンサーリンク システム上、着払い専用のラベルでしか着払いの引受入力はできないので、その場合は文句は言わず書いてあげてください。 ゆうメール・ゆうパケットの場合は窓口に差し出すときに、「着払いでお願いします」と声をかけてください。 それぞれの料金と特徴についてみていきましょう。 着払ゆうパックの料金は?チルドやセキュリティはつけられる? 着払いゆうパックの料金は、普通に差し出すゆうパックと同じ料金になります。 地帯とサイズによって変わってきます。 チルドやセキュリティ(普通郵便でいうところの書留)もつけることが出来ますので高価なものを送る場合や、生ものなどを送る場合にも安心ですね。 着払いゆうメール・ゆうパケットの場合 着払いゆうメール・ゆうパケットの場合は、着払い料金21円を送料と一緒に受取人が支払うことになります。 速達・書留・特定記録の扱いもつけることが出来ますので、その場合は速達料金等も受取人が合わせて支払うことになります。 着払いの受取を拒否された場合 今回のケースの場合は受取人から依頼されて、着払いで送っているので受取を拒否されることは考えづらいですが 万が一、着払いの受取を拒否されてしまった場合、そのゆうパック等は差出人であるあなたの元へ戻ってくることとなります。 戻ってくるだけではなく、着払い分の料金をあなたが払わなくてはなりません。 着払いで送る際には、受け取る方にしっかりと着払いで送る旨を伝えて、了承を取ることが大切です。 逆に、心当たりのない着払いが来た時には、受取を拒否できる事も覚えておいてください。 送りつけ詐欺だとか、色々と物騒なこともありますので、注意するに越したことはないですよね。 まとめ ・着払いは、ゆうパック・ゆうメール・ゆうパケットで利用できる。 ・ゆうパックは専用ラベルがある。 ・着払い料金はゆうパック無料。 ゆうメール・ゆうパケットは21円。 ・チルドなどの特殊取り扱いもつけることが可能。 ・着払いの受取は拒否できる。 その場合料金は差出人に請求される。

次の

郵便局での着払いの方法を完全マスター!もう返品も怖くない。

ゆう パケット 着払い

現金・貴金属などの貴重品• 爆発物・毒劇物などの危険物など 上記の通り、 ゆうパケットでは、信書や貴重品、危険物などは送れませんので注意してくださいね。 ゆうパケットの種類 「 ゆうパケット おてがる版 …って何?」 インターネットでゆうパケットを検索すると、『 ゆうパケット おてがる版 』などの文字を目にします。 これは、ゆうパケットと同じサービスなのでしょうか。 実は、日本郵便では、ヤフオクやフリマアプリのメルカリ、ラクマと連携し、ゆうパケットをお得に利用できるサービスを展開しています。 『 ゆうパケット おてがる版 』とは、 日本郵便とヤフオクが連携しているサービスのことで、ゆうパケットの一つの種類なんですよ。 サービス内容は通常のゆうパケットとほぼ同じですが、送料が厚さ3cmまで全国一律175円と、ヤフオクでの商品発送時にはかなりお得に利用できるんです。 ヤフオク、メルカリ、ラクマを利用するなら、ゆうパケットがよりお得!それぞれで使えるゆうパケットの種類についてここで簡単に確認しておきましょう。 ゆうパケットの種類 送料・サイズ ヤフオク! 『』 全国一律175円 税込 厚さ3cm以内・3辺合計60cm以内・重さ1kg以内 メルカリ 『』 全国一律175円 税込 厚さ3cm以内・3辺合計60cm以内・重さ1kg以内 ラクマ 『』 全国一律179円 税込 厚さ3cm以内・3辺合計60cm以内・重さ1kg以内 ゆうパケット・クリックポスト・ゆうメールの違い お得で便利なゆうパケットですが、 日本郵便では、クリックポストやゆうメールなど、ゆうパケットの他にも小さな商品の発送に適した郵送サービスを提供しています。 用途に合わせて上手に、よりお得に使い分けていくために、それぞれのサービス内容の違いについても把握しておきましょう。 ゆうパケットとクリックポストの違い まずは、ゆうパケットとクリックポストの違いをご説明します。 クリックポストとは、厚さ3cm以内・長辺34cm以内・短辺25cm以内・重さ1kg以内の商品を全国一律185円で送れる郵送サービスのこと。 出典: このクリックポストは、ゆうパケットとどのような違いがあるのでしょうか。 ゆうパケット・クリックポストのサービス内容の比較を下記の表にまとめました。 比較項目 ゆうパケット クリックポスト 送料 全国一律250円~ 全国一律185円 サイズ 厚さ3cm以内 長辺34cm以内 3辺合計60cm以内 厚さ3cm以内 長辺34cm以内 短辺24cm以内 重さ 重さ1kg以内 重さ1kg以内 送れるもの 信書・貴重品・危険物以外 信書・貴重品・危険物以外 ポスト投函 可 可 配達 郵便受け 郵便受け 追跡サービス あり あり 着払い 可 不可 事前登録 なし 『』の取得・『』の利用登録 または『』の取得と『』 宛て名ラベル 手書き 印刷 支払い方法 現金・切手 郵便窓口のみ クレジットカード ネット決済 ゆうパケットとクリックポストの大きな違いは、 送料・事前登録の有無・宛て名ラベルの作成方法・支払い方法です。 事前登録の有無• 宛て名ラベルの作成方法• 支払い方法 クリックポストを利用する際には事前登録が必要となり、『』の取得と『』の利用登録、または『』の取得と『』の利用登録をしなければなりません。 また、支払い方法はYahoo! ウォレット、またはAmazon Payによるインターネットでのクレジットカード決済。 さらに、宛て名ラベルもパソコンやスマートフォンから自分で作成し、プリンターで印刷する必要があり、発送までに手間がかかります。 手間がかかる分、クリックポストの送料はゆうパケットより安価に設定されていますが、上記のような登録やラベルの準備作業を面倒に感じる場合は、ゆうパケットがおすすめです。 ゆうパケットなら、事前登録もなく、宛て名ラベルも手書きで簡単に発送できますよ。 クリックポストの送り方は『』の記事で詳しく紹介しています。 ゆうパケットとゆうメールの違い 続いて、ゆうパケットとゆうメールの違いをみていきましょう。 ゆうメールとは、重さ1kg・長辺34cm以内・短辺25cm以内の冊子とした印刷物やCD・DVDを安価に送れる郵送サービスのこと。 ゆうメールの送料は、重さによって次のように設定されています。 ゆうパケット専用宛て名シールを用意する。 コンビニではもらえないので注意!• 荷物を既定のサイズに梱包する。 荷物に必要事項を記入した専用宛て名シールと切手を貼る。 お問い合わせ番号が印字されているので、はがし忘れに注意!• ポスト投函または郵便窓口へ差し出す。 ゆうパケットは、必ず下記の専用宛て名シールが必要となります。 出典: 専用宛て名シールは、最寄りの郵便局で必要な枚数を無料で手に入れることができるので、事前に準備しておきましょう。 また、ゆうメールは着払いで送ることができますが、下記2つの理由から、着払いの際は原則郵便窓口のみでの対応となっています。 ゆうパケットを送る際にかかる送料・サイズ一覧 荷物のサイズに応じた料金設定が分かりやすいゆうパケットですが、日本郵便ホームページ『』に記載の通り、 万が一既定サイズを超えてしまうとゆうパケットとして発送することができませんので注意が必要です。 ゆうパケットの規定サイズを超えた場合はどうなりますか? A. ゆうパケットはご利用いただけませんので、他の郵便物等の商品をご利用ください。 出典: 「 サイズを間違えて、ゆうパケットの送料が一段階高くなってしまった…。 」 「 サイズを超えていて、ゆうパケットで送れなかった…。 」 こんな事態にならないよう、ここでもう一度、ゆうパケットのサイズと料金についてしっかりおさらいしておきましょう。 まず、ゆうパケットのサイズは、厚さ3cm以内・長辺34cm以内で、さらに長辺 下記図のa ・短辺 b ・厚さ c の合計が60cm以内のもの。 重さは1kg以内です。 ゆうパケットの種類 送料・サイズ ヤフオク! 『』 全国一律175円 税込 厚さ3cm以内・3辺合計60cm以内・重さ1kg以内 メルカリ 『』 全国一律175円 税込 厚さ3cm以内・3辺合計60cm以内・重さ1kg以内 ラクマ 『』 全国一律179円 税込 厚さ3cm以内・3辺合計60cm以内・重さ1kg以内 付帯可能なオプションは着払い 「 ゆうパケットを速達で送りたい。 」 「 ゆうパケットに補償を付けて送りたい。 」 このように、ゆうパケットに何らかのオプションをつけて送りたい場合ってありますよね。 しかし、ゆうパケットに付帯できるオプションは原則『』のみ。 速達や書留、その他配達日指定、配達時間帯指定などのオプションは付けることができませんので注意してください。 ラベルのお問い合わせ番号のはがし忘れに注意• コンビニでの計測・発送不可• 損害賠償の対象外 一つずつ簡単にご説明します。 お問い合わせ番号のはがし忘れに注意 ゆうパケット専用宛て名シールの下部は、依頼主控えとなっています。 お問い合わせ番号が印字されていますので、はがし忘れに注意してください。 控えにも、『 ご依頼主様がはがして保管してください』としっかり明記されていますよ。 尚、 お問い合わせ番号は、ゆうパケットの追跡をする際に必要となりますので、必ずゆうパケット発送前に控えをはがし、受取人の元へ無事に配達されるまで大切に保管しておきましょう。 コンビニでの計測・発送不可 ローソンやミニストップなど一部のコンビニから発送することができるゆうパックとは異なり、 ゆうパケットはコンビニ発送不可となっていますので注意してください。 また同様に、コンビニではゆうパケットの計測もできません。 ゆうパケット送り方まとめ ゆうパケットの送り方はとても簡単です。 既定サイズに荷物を梱包し、専用宛て名シールと切手を貼れば、後は最寄りの郵便ポストへ投函するだけと、ラクラク送れてしまいますよ。 さらに、荷物の厚さに応じた全国一律送料に、追跡サービス付き。 ゆうパケットは、楽・お得・安心と、嬉しい魅力が三拍子揃った郵送サービスですよね。 尚、ゆうパケット発送時の主な注意点は3つです。 専用宛て名シール下部の依頼主控えをはがし忘れないようにすること。 損害賠償が付かないこと。 コンビニでの計測・発送はできないこと。 この注意点をしっかり押さえて、ゆうパケットをお得に便利にスマートに使いこなしていきましょう!.

次の

【ゆうパケットの送り方】正しい出し方や送料を知っておこう!

ゆう パケット 着払い

ヤフオクにはというヤフオク出品者のみが利用できる配送方法があります。 また、ヤフオクには 1円オークションの商品や価格の安い商品が落札されたことを想定して、予め送料を着払いにすることができます。 出品者からすると、 匿名配送+さらに着払い(送料落札者負担)で送れたら正直最高です。 そんなゆうパック(おてがる版)は着払いで送れるのか?その方法とは?についてご紹介してきます!• ゆうパック(おてがる版)は着払いで送れない 結論から言うと、ヤフオクの「」は送料を「着払い」にすると選べなくなってしまいます。 ヤフオクでは着払いを選択すると、下記の配送方法しか選択できないようになっています。 ・ゆうメール ・ゆうパック ・宅急便(ヤマト運輸) ・飛脚宅配便(佐川急便) ただし着払いではなく、 出品時に送料負担を「落札者負担」に設定をして、商品代金とは別に送料を購入者に負担してもらうことは可能です。 つまりヤフオクのゆうパック(おてがる版)は、荷物が落札者の元に到着した際に送料を支払う「着払い」はできなくなっていますが、出品者が商品を発送する前に落札者が商品代金と送料分も支払っていれば、ゆうパック(おてがる版)を利用することができます。 (これはヤフオクの匿名配送「」「)」も同様です) この「送料を落札者(購入者)負担で匿名配送を利用する」という方法は、現在メルカリとラクマではできませんが、ヤフオクだけはできるのです。 送料を「落札者負担」でヤフオクの匿名配送を利用する方法 ヤフオクでは出品時に送料負担を「落札者負担」を選択すると、下記の通り、送料をどのように落札者に負担してもらうかを選ぶことができます。 ・送料を決めて出品する ・落札された後に送料を連絡する ・着払いにする ただし「着払いにする」を選ぶと匿名配送のゆうパック(おてがる版)は利用できませんので、匿名配送を利用する場合は 「送料を決めて出品する」か「 落札された後に送料を連絡する」を選択しましょう。 またこの場合、商品を落札された後に出品者が送料を決めて、落札者へ送料がいくらになるのかを連絡します。 送料を計算後「送料を連絡する」をクリックして落札者に連絡します。 また、上でもご紹介しましたが、この場合は下記の配送方法しか選べなくなっています。 ・ゆうメール ・ゆうパック ・宅急便(ヤマト運輸) ・飛脚宅配便(佐川急便) また、着払いを選択してしまうと 匿名配送ではない通常の配送となります。 さらに、ゆうパック(おてがる版)はヤフオク事務局が送料を一部負担してくれるので格安で送ることができますが、この場合は通常の配送となるため、購入者が負担する送料は大きくなってしまいます。 (これはヤフオクの匿名配送「」「」も同様です) 送料を落札者負担にしたいのであれば、落札者のためにも「着払いにする」を選択するのではなく、「送料を決めて出品する」か「落札された後に送料を連絡する」を選択し、格安で配送してあげる方が良いでしょう。 ヤフオクは送料落札者負担でも匿名配送が利用できる 以上が、ゆうパック(おてがる版)で着払いで送る方法についてでした! メルカリとラクマでは、送料を出品者負担にしないと匿名配送(・・)を利用できませんが、ヤフオクだけは送料が落札者負担でも匿名配送が利用できるのです。 またメルカリやラクマでは、送料を購入者負担にするとなかなか売れづらいという傾向があります。 ですが、ヤフオクの場合は1円スタートのオークションもあるので、値段が上がらなければ1円で落札されてしまうというリスクがあります。 その商品を送料を出品者負担で出品をしてしまうと、出品者が赤字になってしまうため、1円スタートの商品はほぼ全商品が送料落札者負担で出品がされています。 そのため、ヤフオクでは 送料が落札者負担でも抵抗なく入札・落札をするユーザーがいるので、その場合は送料を落札者負担にしていても特に問題はないでしょう。 ぜひヤフオクで「送料を落札者負担にして匿名配送で送りたい」という場合は、上記のように設定してみて下さい。

次の