ポケットwifi 注意点。 ポケットWiFiの解約方法・注意点まとめ。違約金・端末の返却・必要書類まで解説|生活110番ニュース

解約後のモバイルルーターは買取して貰える!売却手順や注意点まとめ

ポケットwifi 注意点

SIMフリーのWiFiルーターであればIIJmioのSIMカードを挿すことでポケットWiFiとして使うことが可能です。 IIJmioでポケットWiFiを作った場合の料金 IIJmioでポケットWiFiを作る場合の料金は以下の通りです。 プラン データ通信量 月額料金 ミニマムスタート 3GB 900円 ライトスタート 6GB 1,520円 ファミリーシェア 12GB 2,560円 WiFiルーターでSIMカードを使う場合、音声通話やSMSは必要ありません。 データ通信専用SIMで済むので、 IIJmioでポケットWiFiを作れば月額料金が非常に安いです。 関連記事 ポケットWiFi本体はIIJmioでセット契約も可能、別で購入するのも可能。 ポケットWiFiを利用するには本体、つまりWiFiルーターが必要です。 IIJmioではWiFiルーターも取り扱っており、SIMカードとセット契約もできます。 IIJmioで取り扱っているWiFiルーターは以下の通りです。 性能や用途が異なるので、自分の使い方に合わせて選ぶようにしましょう。 例として、ポケットWiFiの中でも特に有名なUQ WiMAXとIIJmioの月額料金を比較してみましょう。 データ通信量 月額料金 IIJmio 6GB 1,520円 UQ WiMAX 7GB 3,696円 IIJmioのほうがデータ通信量は1GB少ないですが、 月額料金はUQ WiMAXの半分以下です。 12GBのファミリーシェアプランにしても月額2,560円なので、UQ WiMAXの7GBプランより約1,000円安いことになります。 もちろん、3GBで十分という人ならUQ WiMAXの4分の1である月額900円で利用できます。 自宅で固定回線(光回線など)の代わりに利用する• 動画視聴や大容量ファイルのダウンロードを頻繁に利用する といった場合は足りなくなる恐れもあります。 データ通信を無制限に使いたい場合は他のポケットWiFiが良いでしょう。 格安SIMの中では比較的通信品質が良く、安定しています。 しかし、UQ WiMAXなど他のポケットWiFiサービスは場所にもよりますが固定回線に負けない速度が出るときもあります。 それらと比べるとIIJmioの速度は物足りないです。 とくに平日お昼になると通信速度が極端に遅くなるので、動画視聴やアプリのダウンロードなどはまず利用できません。 本体の設定画面から行う• パソコンやスマホのブラウザから設定画面にアクセスして行う のどちらかのパターンであることが多いです。 前者の場合は本体の設定画面から 「APN設定」の画面を開きます。 後者の場合はパソコン・スマホとルーターを無線LANかUSBケーブルで接続し、ブラウザからルーターの設定画面に入ります。 ルーターの設定画面への入り方は機種によって違うので、取り扱い説明書を参考にしてください。 APN情報を入力する画面になったら、以下の情報を入力または選択してください。 接続先名 任意の名前(例:IIJmioなど) 接続サービス 手動設定 APN iijmio. jp ユーザ名 mio iij パスワード iij 暗号化方法 「CHAP」または「PAP」を選択 入力が終わったら保存し、利用するプロファイルでさきほど保存したAPNを選びます。 これでAPN設定が完了です。 ここだけの話、正直、今月のIIJmioのキャンペーンは非常にアツいです。 今月は季節がら、盛り上がることは期待していたのですが、期待以上の充実度で私もびっくりしています(笑) 今なら、「夏祭!トリプルキャンペーン」でau回線の基本料が、3ヶ月間700円割引で毎月900円から利用できます。 さらに通常3,000円の初期費用が1円になっています! さらにさらに!他社からの乗り換えであれば、1回線あたり4千円のキャッシュバックがもらえるんです(当サイト経由の申し込み限定)! スマホセット契約を検討中の方は、人気機種のセールやギフト券プレゼントキャンペーンも見逃せません。 iPhoneを含む人気7機種が大幅値下げされていたり、その他の機種もギフト券が付いてきます!IIJmioの取り扱い機種の多くは人気機種であるだけに値下げやギフト券は嬉しいですよね。 毎月IIJmioのキャンペーン情報をまとめている私でさえ、 今月ほど魅力的なキャンペーンはみたことがありません。 さすが商戦期といったところです。 詳細はでまとめていますので、ぜひチェックしてください。 この時期を逃すのは非常にもったいないです。

次の

ポケットWi

ポケットwifi 注意点

目次 この記事でわかること• WiMAXなどのモバイルルーターはどこで買取してもらえる? 中古品のモバイルルーターを買い取ってもらえる・売却できる場所はさまざまです。 自分の生活圏内にあるお店やインターネットを使って、不要になったモバイルルーターを売却しましょう! まずは主な買い取り先を5箇所に分けてご紹介します! ブックオフやゲオなどの総合リサイクルショップ 一番手っ取り早く日本全国幅広い場所でモバイルルーターを売却できるのは、 ブックオフやゲオなどのリサイクルショップです。 スマホや携帯電話などが販売されているお店なら、モバイルルーターを買い取ってもらえる可能性があります。 念のため、事前に販売コーナーを確認しておくと良いでしょう。 モバイルルーターなどの電子機器専門店 スマートバイヤーやODNモバイルなど、 モバイルWi-Fiルーターの買取専門店があります。 例えばスマートバイヤーは、以下の地域に店舗があります。 「ネットでお買取」項目をクリック• 自動査定システムを利用し、機種や支払状況、状態などを選択• 買取金額が表示される• 名前、メールアドレス等を入力して「次へ」• 売却する商品や付属品、住所等の必要事項を入力し、身分証明書画像を添付して申し込む• モバイルルーターを発送する• 動作確認後に口座へ買取金額が振り込まれる 以上のとおり、手順はシンプルです。 買取相場は総じて低め インターネット・実店舗ともに注意したいのは、いくら汚れ具合が少なくとも モバイルルーターの買取相場は低いことです。 例えばauのモバイルルーター「W04 HWD35」は、スマートバイヤーで800円での買い取りとなっていました。 モバイルルーターは基本的に、専用の回線を使えるSIMカードがなければ通信できないため、スマホに比べて需要が低いために買取相場も下がっていると考えられます。 オークションやフリマアプリで売買する際の注意点 モバイルルーターはオークションやフリマアプリでも売却できますが、 個人取引となるため後から動作不良などのクレームに悩まされる可能性もあり、注意が必要です。 中古ショップやモバイルルーター専門店での買い取りなら、購入者とのトラブルに悩まされることはありませんよ。 モバイルルーター買取時の注意点 モバイルルーターを買い取ってもらう際は、2点ほど注意したいことがあります。 ここからはモバイルルーター買い取り時の注意点を紹介するので、ね! モバイルルーターの買取りは端末代の支払いが終わってから行おう Y! mobileなどでモバイルルーターを分割購入している場合は、 端末代金の残債があると買取金額が大幅に減額されてしまったり、お店によっては買い取ってもらえない場合があります。 分割購入の場合、 前所有者が支払いを止めてしまうと利用制限がかかる可能性があるからです。 お店にとってリスクが大きいため、あまり歓迎されません。 また、 モバイルルーターの支払いが終わっていない段階だと、基本的に端末の所有権はまだ自分にないことにも注意が必要です。 モバイルルーターは、端末代の支払いが終わってから売却しましょう。 見積りはかならず行おう 事前に見積りをせずに買い取り手続きをすると、相場よりも買取価格を安く提示されていることに気が点けない可能性もあります。 モバイルルーターを売りたいお店で一度見積もり手続きを行い、金額に納得してから申込みましょう。 モバイルルーターを高価買取してもらうコツ! モバイルルーターを高価買取してもらうには、4つのコツがあります。 ここからはモバイルルーターを高価買取してもらうためのコツを解説するので、参考にしてくださいね! 汚れや傷がないか確認しておこう モバイルルーターの売却前に、 しっかり端末の状況を確認し、使用感が少ない状態に近づけておきましょう。 汚れなどの使用感が多いまま見積りや売却に出すと、高価買取はしてもらえなくなります。 箱やオプション品などはできるだけ完璧にそろえる モバイルルーターの端末のみを売るのとオプション品や箱をセットで売却するのとでは、買取金額に大きな違いがあります。 モバイルルーターを売るなら、ご説明書や箱など付属品をすべてそろえて売るのがオススメです。 まだ手元に残っているなら、忘れずに用意しましょう。 これからモバイルルーターを買うなら、売却時の金額を大きくするためかならず箱やオプション品を捨てずに取っておきましょう。 動作確認は事前に行おう 査定時に端末が壊れていたことがわかると、買い取りがキャンセルになったり大幅に減額されてしまいます。 また、 オークションなどでの個人取引で発送後に端末が壊れていたことがわかると、大きなトラブルになってしまうでしょう。 モバイルルーターを売却する際は、 どこで売るとしてもかならず事前に動作確認をしておきましょう。 モバイルルーターの売却は早めに行おう モバイルルーターは続々と新商品が出てくるので、 現在お持ちの機種が最新のものでも、1~2年たってしまえば古い機種となってしまいます。 古い機種は買取金額も大幅に下がってしまいます。 モバイルルーターを使わないのなら、早めに売却を済ませましょう。 モバイルルーターの買取価格相場を比較しよう 複数のサイトにおけるモバイルルーターの買取価格を調べられる、 買取価格相場比較サイトがあります。 より高い金額でモバイルルーターを買い取ってもらいたい場合は、買取価格相場を比較しましょう。 買取価格の相場比較にオススメのサイトは、・の2種類です。 例えばヒカカクで「GL04P」というモバイルルーターの買取価格を比較すると、第1位は「BUY王」の2,100円、最低金額は「BuyKing」の100円でした。 モバイルルーターを高く売りたい時は、よりお得に売れる店舗はどこか調べましょう。 また、 買取価格の相場比較サイトに記載がない業者もあるので、サイトだけに頼らず自分でさまざまな大手サイトもチェックするのがオススメです! 解約後、次に契約するのにオススメの回線を紹介! 今回は当社がオススメするモバイルルーター2つと、自宅で契約したい人のためにオススメのホームルーターを紹介します。 結論、どこを契約するのがいいかというと、以下の3つ。 :au・ソフトバンク・ドコモの大手キャリア回線を利用でき、速度制限なし• :充実したキャンペーンを実施しているプロバイダが多く、速度が速い• :自宅でのみ使えるホームルーター。 料金が他社ホームルーターに比べ圧倒的に安い 次から詳しく紹介していきますので、参考にしてくださいね。 モバイルルーター1:どんなときもWiFi どんなときもWiFiの新規受付停止について どんなときもWiFiは4月3日~新規受付を停止しています。 モバイルルーターのご契約をお考えの方は、WiMAXも視野に入れて検討してみましょう。 ドコモ・au・ソフトバンクの大手3大キャリアの回線を利用して通信• 使えるエリアが広く、速度が安定して出やすい• 速度制限がない 速度制限を気にせずモバイルルーターを使いたいという人にもはオススメです! ちなみに、料金は以下のとおり。 当社が調査した10社を比較して、オススメのプロバイダを見てみましょう! 月額料金 ギガ放題プラン 3年間の 実質料金• 3か月目~4,263円 123,397円• 37か月目以降:4,263円 129,904円• 3か月目~:4,380円 150,480円• 25か月目以降:4,011円 131,626円• 4か月目以降:4,380円 142,628円• また、3年間の実質料金は127,960円と、2020年7月現在申し込み可能なWiMAXのなかでは最安ですよ! ホームルーター:モバレコAir 自宅でのみ利用するという人はホームルーターがオススメ! ホームルーターの中でも特にオススメなモバレコAirは月額料金が安いんです。 ちなみに、モバレコAirとは、SoftBank Airの契約を代理しているサービスです。 速度やエリアなどはSoftBank Airと全く同じですよ。 実際にWiMAXホームルーター・SoftbankAir、モバレコAirで月額料金と実質費用を比較しました。 Softbank Airの実質費用は、WiMAX、モバレコAirよりも高くなっていますね。 対して、SoftBank Airの契約を代理しているサービス 「モバレコAir」は、WiMAXの中でも最安値のGMOとくとくBBWiMAXよりも3年間の実質費用が16,900円もお得です。 コストパフォーマンス重視でホームルーターを選ぶなら、モバレコ Airを検討してみるのもオススメです! しかし、モバレコ AirはWiMAXに比べて速度が速いわけではないのを覚えておきましょう。

次の

ポケットwifiの比較とおすすめランキング|選び方と月額、容量、速度、解約の違約金などの違い

ポケットwifi 注意点

この記事の目次• エヌズカンパニーのポケットWiFiとは エヌズカンパニーのポケットWiFiは「」が2020年4月にサービスを開始したポケットWiFiです。 エヌズカンパニーは「ソフトバンク光」や「ソフトバンクエアー」などソフトバンクのサービスを取次している会社で、その流れからポケットWiFiもソフトバンク回線を利用しています。 エヌズカンパニーのポケットWiFiの最大の特徴は ソフトバンクの「法人回線」を使っている点です。 法人回線のほうが個人回線に比べて利用者が少ないので、通信速度が高速になりやすく通信も安定しています。 ソフトバンク回線を使ったポケットWiFiは多いですが、 個人向けに法人回線を提供しているポケットWiFiは他にないことから注目を集めています。 エヌズカンパニーの料金プラン エヌズカンパニーのポケットWiFiの料金プランは月額3,600円で月100Gまで利用できるプラン1種類です。 料金プラン データ量 100G 初期費用 4,900円 月額料金 3,600円(初月無料) 契約期間 3年 単純に他社のポケットWiFiと料金を比較すると割高に感じますが、 他に法人回線を使っているポケットWiFiが存在しないことを考えると適正な価格です。 料金の安さよりも、通信速度や回線の安定性を重視するなら、おすすめできるポケットWiFiです。 エヌズカンパニーのポケットWiFiの特徴・メリット• ソフトバンクの法人回線を使用していて通信速度が速い• 初月無料で利用できる ソフトバンクの法人回線を使用していて通信速度が速い エヌズカンパニーの最大の特徴は ソフトバンクの法人回線を使っていて通信速度が速い点です。 法人回線は個人向け回線に比べると利用者が少なく回線が混雑していないので、その分通信速度が速くなります。 エヌズカンパニーのポケットWiFiで採用している端末の最大通信速度は150Mbpsとそこまで速くありませんが、回線自体の通信速度が速いので実測値も他のポケットWiFiに比べて速くなります。 初月無料で利用できる エヌズカンパニーのポケットWiFiは契約した 初月は月額料金が無料になります。 そのため月の後半に契約するより、月初めに契約したほうがお得です。 エヌズカンパニーのポケットWiFiの注意点・デメリット 続いてエヌズカンパニーのポケットWiFIの注意点やデメリットを紹介します。 一言で言えば エヌズカンパニーのポケットWiFiは全体的に料金が割高です。 初期費用が4,900円と高い• 月額料金が他社に比べて高い• 契約期間が3年と長め• 解約金が6万以上と高額 初期費用が4,900円と高い エヌズカンパニーのポケットWiFiは 初期費用が4,900円と他社に比べて高めです。 初期費用 エヌズカンパニーのポケットWiFi 4,900円 3,000円 3,000円 ポケットWiFiの初期費用は3,000円のサービスが多いので2,000円程度初期費用が高くなっています。 エヌズカンパニーのポケットWiFiは初月の月額料金が無料ですが、初期費用が高いので合計料金は他社とあまり変わらなくなっています。 月額料金が他社に比べて高い エヌズカンパニーのポケットWiFiは 月額料金3,600円と初期費用だけでなく月額料金も高めです。 データ量 月額料金 エヌズカンパニーのポケットWiFi 100G 3,600円 ギガWiFi 無制限 3,250円 ポケットモバイルCloud 無制限 3,250円 「ギガWiFi」や「ポケットモバイルCloud」などのクラウドWiFiは、月額3,250円で無制限で利用できます。 エヌズカンパニーのポケットWiFiは、データ量100Gで月額3,600円なので比較すると割高ですね。 エヌズカンパニーのポケットWiFiは法人回線を使っている分、他社のポケットWiFiに比べて初期費用や月額料金などの料金が高くなっています。 通信速度よりも料金の安さを重視してポケットWiFiを探している方は、他社のポケットWiFiを利用したほうがいいでしょう。 契約期間が3年と長め エヌズカンパニーのポケットWiFiは 契約期間が3年と長めです。 クラウドWiFiなど他社ポケットWiFiは契約期間2年のサービスが多いです。 契約期間 エヌズカンパニーポケットWiFi 3年 2年 2年 同じ2年契約でも「」のように2年目以降はいつでも解約できるポケットWiFiもあります。 エヌズカンパニーのポケットWiFiは、それらのポケットWiFiと比べると3年契約で解約しないと自動更新されるため使いにくいですね。 解約金が6万以上と非常に高額 エヌズカンパニーのポケットWiFiは3年の契約期間があり、 契約期間に解約すると解約金24,500円が発生します。 契約期間のあるポケットWiFiなので解約金がかかるのはわかりますが、24,500円はかなり高額です。 解約金 エヌズカンパニーのポケットWiFi 一律24,500円 ギガWiFi 0~24ヶ月目:18,000円 26ヶ月目以降:9,500円 ポケットモバイルCloud 0~24ヶ月目:18,000円 26ヶ月目以降:9,500円 他社のポケットWiFiでは解約金は18,000円程度が一般的で、契約年数に応じて減っていくことが多いです。 さらに注意したいのは、 2年以内に解約すると、解約金の他に端末代金を支払う必要があります。 解約金と端末代金を含めると、1年目は67,500円、2年目に解約した場合でも46,000円と解約時に高額な料金を支払わないといけません。 契約期間 解約金 端末代金 合計 0~12ヶ月目 24,500円 43,000円 67,500円 13~24ヶ月目 24,500円 21,500円 46,000円 25~36ヶ月目 24,500円 0円 24,500円 37~38ヶ月目(更新月) 0円 0円 0円 エヌズカンパニーのポケットWiFiは法人回線を使っている分、 解約金が高額で解約しなかった時のリスクが非常に高いです。 契約更新月に解約すれば解約金は発生しないので、エヌズカンパニーのポケットWiFiを利用するなら、 必ず契約更新月(37~38ヶ月目)に解約するようにしましょう。 エヌズカンパニーのポケットWiFiの端末 エヌズカンパニーのポケットのポケットWiFiには2つの端末があり、どちらかの端末を選ぶことができます。 801ZT• Skyberry エヌズカンパニーのポケットWiFiはもともと「802ZT」という端末を使っていましたが、現在は新型コロナウィルスの影響で在庫不足になったため端末はこの2種類になっています。 単純な端末性能は「802ZT」のほうが優れているので少し残念ですが、クラウドWiFiや多くのソフトバンク回線で使われているポケットWiFiと性能はほぼ同じになります。 801ZT 製品名 801ZT 最大通信速度 下り112. 5Mbps 重量 93g サイズ 71 x 71 x 14. 2mm 連続通信時間 10時間 バッテリー 2,000mAh 同時接続台数 最大10台 WLAN IEEE 802. ZTEコーポレーションが製造した法人向けの端末で、非常に小型でコンパクトなモデルになります。 最大通信速度112. 5Mbpsとあまり速くはありせんが、最大接続台数は10台とSkyberryよりも多くなっています。 複数の端末で接続する機会が多い方や、小型で軽量のかさばらない端末が欲しい方は801ZTを選ぶといいでしょう。 7 x 14. 2mm 連続通信時間 13時間 バッテリー 3,500mAh 同時接続台数 最大5台 WLAN IEEE 802. クラウドWiFiで使われることが多い「U2s」と形やスペックが同じなので、名前は違いますが製造元が同じOEM製品と考えられます。 クラウドWiFiの「U2s」はクラウドSIMで複数の回線を利用できますが、エヌズカンパニーのポケットWiFiはソフトバンクのSIMカードが本体に挿してあるので、利用できるのはソフトバンク回線のみです。 クラウドWiFiは海外でも利用できますが、エヌズカンパニーの場合は国内専用で海外では利用できません。 端末のスペックは同じですが、運用用法が違うためクラウドWiFiとは別物だと考えましょう。 エヌズカンパニーのポケットWiFiと他社の比較 エヌズカンパニーと他社のポケットWiFiを比較してみましょう。 比較するのはクラウドWiFiの1つ「」です。 クラウドWiFiは「クラウドSIM」という技術によって、SIMデータをクラウドサーバー上で管理しているポケットWiFiのことです。 SIMデータを簡単に入れ替えることができるので「複数の回線が利用できる」「海外でも利用できる」といったメリットがあります。 エヌズカンパニーのポケットWiFiとギガWiFiを比較した表は以下のようになります。 エヌズカンパニーのポケットWiFi ギガWiFi 月間データ容量 100G 無制限 初期費用 4,900円 3,000円 月額料金 G4:3,600円 U2s:3,250円 G4:3,480円 最大通信速度 150Mbps 150Mbps 端末 801ZT、Skyberry U2s、G4 回線 ソフトバンク法人回線 LTE(au、ドコモ、ソフトバンク) 速度制限 あり なし 契約期間 3年 2年 支払い方法 クレジットカード クレジットカード 2つのポケットWiFiを比較すると以下のようになります。 エヌズカンパニーは法人回線が使える• 料金はギガWiFiのほうが安い• 契約期間はギガWiFiのほうが2年と短い• ギガWiFiは海外でも利用できる 料金の安さや利用できるデータ量を比べるとギガWiFiの方がエヌズカンパニーのポケットWiFiよりもお得です。 エヌズカンパニーのポケットWiFiの 最大のメリットは法人回線が個人でも利用できるという点です。 2つのポケットWiFiの最大通信速度は同じですが、実測値ではエヌズカンパニーのポケットWiFiのほうが高い数値が出やすくなります。 逆にいえば 法人回線という点ににあまり魅力を感じなければ、エヌズカンパニーのポケットWiFiを選ぶ理由はありません。 法人回線にこだわりがなければ、ギガWiFiのように料金の安いポケットWiFiが他にあるので、そちらをを選んだほうがいいです。 エヌズカンパニーのポケットWiFiまとめ エヌズカンパニーのポケットWiFiは、 個人でも法人回線が利用できるポケットWiFiです。 法人回線は個人向け回線に比べて利用者が少なく混雑しにくいため、通信速度が速くなりやすく、 通信速度を重視する方におすすめです。 反面、以下のようなデメリットもあります。 月100Gまでの上限がある• 契約期間が3年と長め• 料金が他社に比べて高め• 解約金が高額 法人回線を使っている分、制約の多いポケットWiFiでもあるので申し込む前はこれらの注意点を踏まえておきましょう。 無制限で利用できるポケットWiFiについては「」でまとめています。 月100G以上利用する方や無制限のポケットWiFiを探している方はこちらもあわせてご覧ください。

次の