グラデーション マップ。 クリスタの「グラデーションマップ」で、楽していい感じの色を塗る

「CLIP STUDIO PAINT」のグラデーションマップでイラスト描いてみた

グラデーション マップ

グラデーションマップの使い方!ワンタッチで超簡単おしゃれカラー 投稿日: 2020. 09 更新日: 2020. 09 CLIP STUDIO PAINTの色調補正「グラデーションマップ」。 ちょっとしたイラストが簡単にポップでおしゃれに早変わりしちゃいますよ。 グラデーションセット素材のダウンロード方法もご紹介! グラデーションマップで色を変更してみよう 色調補正「グラデーションマップ」で色を簡単におしゃれにしちゃいましょう。 モノクロで描いたイラストを用意しよう まずはザックリとお絵描き。 後から調整しやすいようにモノクロで描くのがおすすめです。 グラデーションマップレイヤーを作成しよう 一番上にグラデーションマップレイヤーを作成します。 一番上のレイヤーで右クリックをし、「新規色調補正レイヤー」の「グラデーションマップ」を選択しましょう。 新しくグラデーションマップレイヤーが作成されます。 「編集>色調補正>グラデーションマップ」でも同じ効果を得られますが、色調補正レイヤーの方が後から編集をしたり補正する対象をレイヤーの順序で変更したりと微調整がきくのでおすすめですよ。 グラデーションマップで色を変更してみよう さっそく色を変更してみましょう。 グラデーションセットから好みの色をダブルクリックして選択します。 たったこれだけで、ワンタッチで色を変える事ができます。 いろいろな組み合わせを試してみましょう。 上のグラデーションのバーをいじれば変化させたい色の範囲を変更する事ができます。 下にある「指定色」で違う色に変更する事もできます。 カスタマイズして自分好みのグラデーションを作成するのも楽しいですよ。 グラデーションセット素材をダウンロードしてみよう グラデーションセット素材をダウンロードして使用してみましょう。 CLIP STUDIOの素材検索で「グラデーションセット」「グラデーションマップ」等で検索をすればいろいろなグラデーションセット素材が出てくるので、好みのものをダウンロードしておきます。 グラデーションマップを開き、スパナマークをクリック。 「セット素材を読み込み」を選択すれば、ダウンロードしておいたグラデーションセット素材が一覧に表示されます。 読み込みたい素材を選択して「OK」を押せば完了。 グラデーションセットに読み込まれた素材の色が表示されます。 今回の素材はを使わせていただいています。 初心者さんにも扱いやすく、バリエーションも豊富なのでおすすめですよ。 トーンカーブで微調整をしよう 色の出方がイマイチなときはトーンカーブで微調整をします。 一番上のレイヤーで右クリックをし、「新規色調補正レイヤー」の「トーンカーブ」を選択します。 曲線をぐりぐり動かして好みの濃さに調整しましょう。 画像は影が上手く出なかったので少し濃くしたところです。 いろいろなグラデーションを試してみよう グラデーションセットを切り替えるだけで簡単に様々な色の組み合わせを試す事ができます。 いろいろ試してみましょう。 自分の中には無かった新しい組み合わせも発見できますね。 モノクロで描いたラフなイラストが、ワンタッチで超簡単にポップでおしゃれなイラストになっちゃいました。 水彩風イラストもグラデーションマップで着色 このように、モノクロで水彩風に描いたイラストもグラデーションマップで簡単に着色する事ができます。 厚塗りやエアーブラシで描かれたイラストも同じように色を変えられます。 SNSに上げる用のちょっとしたイラストを描きたいときに便利ですね。 グラデーションマップで写真も簡単おしゃれに このような写真もグラデーションマップを使えば簡単にポップでおしゃれになっちゃいます。 まずは「編集>色調補正>色相・彩度・明度」で彩度を落としてモノクロ写真にしましょう。 グラデーションマップで色を変えた後、トーンカーブで微調整します。 グラデーションは後で別の色に変更もできるのでとりあえず仮に選んでおけばOK。 いろいろなグラデーションを試してみましょう。 レトロなポスターのような雰囲気がおしゃれですね。 まとめ 軽いラクガキがワンタッチで超簡単にポップでおしゃれになっちゃうグラデーションマップ。 さらにグラデーションセット素材を使えば、自分の中には無かった色の組み合わせを発見できてとても楽しいですよ。 普段のラクガキをワンランクアップさせたいときに、是非試してみてくださいね。

次の

グラデーションマップの使い方!ワンタッチで超簡単おしゃれカラー

グラデーション マップ

手順 グラデーションのカラーを変更するには:• [グラデーション パラメータ] Gradient Parameters ロールアウトで、カラー見本をクリックしてダイアログ ボックスを表示します。 カラーを調整します。 別のカラー見本のうち 1 つをクリックします。 カラーを調整します。 グラデーションの種類を選択するには:• [線形] Linear 、[放射状] Radial のいずれかのラジオ ボタンを選択します。 線形のグラデーションの場合は、一本の線に沿って 1 つのカラーから別のカラーにシェーディングします。 放射状のグラデーションの場合は、内側のカラーが外側に向かって輪を描くようにシェーディングします。 マップをグラデーションのカラーに使用するには:• [グラデーション パラメータ] Gradient Parameters ロールアウトで[マップ] map ボタンをクリックし、マップを 1 つ選択してカラーに割り当てます。 または、スレート マテリアル エディタを使用して、マップをカラー 1、カラー 2、カラー 3 コンポーネントに連携させます。 2 番目のカラーの位置を調整するには:• [カラー 2 の位置] Color 2 Position の値を変更します。 既定値 0. 5 では、2 番目のカラーは最初と 3 番目のカラーの中間に位置します。 線形グラデーションでは、2 番目のカラーの範囲は下限が 0. 0、上限が 1. 0 です。 放射状のグラデーションでは、2 番目のカラーの範囲は内側の 0. 0 ~ 外側の 1. 0 です。 [カラー 1] Color 1 、[カラー 2] Color 2 、[カラー 3] Color 3 グラデーションが補完する 3 色のカラーを設定します。 ダイアログ ボックスが表示されます。 カラーはあるカラー見本から別のカラー見本にドラッグ アンド ドロップすることができます。 マップ カラーの代わりにが表示されます。 マップは、グラデーションのカラーがブレンドされるのと同じ方法でグラデーションにブレンドされます。 入れ子にした手続き型グラデーションを各ウィンドウで追加し、5、7、9 色またはそれ以上の色数のグラデーションを作成できます。 チェック ボックスを使用して関連マップの使用可能、使用不可を指定します。 カラー 2 の位置 中間色の中心点を制御します。 位置の範囲は 0 から 1 です。 0 のとき、カラー 2 はカラー 3 と置換されます。 1 のとき、カラー 2 はカラー 1 と置換されます。 グラデーション タイプ• どちらを使用しても、[座標] Coordinates ロールアウトの[角度] Angle パラメータを使用してグラデーションを回転させることができます。 U、V、W 角度はアニメート可能です。 [ノイズ] Noise 領域 [量] Amount ノイズ量がゼロ以外 0 ~ 1 の範囲 だと、ノイズ効果が適用されます。 このパラメータにより、U、V、および位相に基づく、3D ノイズ関数を使用しているカラー補間パラメータが乱されます。 たとえば、あるピクセルが最初のカラーと 2 番目のカラーの中間にあるとします 補間パラメータが 0. ノイズが追加されると、この補間パラメータが乱され、0. 5 以上あるいは以下になることがあります。 [通常] Regular 平坦なノイズを生成します。 これはレベル 1 のフラクタル ノイズと同じです。 ノイズ タイプが[通常] Regular に設定されると、[レベル] Levels 編集ボックスは無効になります [通常] Regular はフラクタル関数ではないためです。 [フラクタル] Fractal フラクタル アルゴリズムを使用してノイズを生成します。 [レベル] Levels オプションで、フラクタル ノイズの反復回数を設定します。 [タービュランス] Turbulence 絶対値関数を適用して断層ラインを作成することにより、フラクタル ノイズを生成します。 ノイズ量は動きの効果を見ることができるよう 0 ゼロ より大きくなければなりません。 サイズ ノイズ関数をスケールします。 値を小さくすると、ノイズの量も少なくなります。 位相 ノイズ関数のアニメーション速度をコントロールします。 ノイズについては、3D ノイズ関数が使用されます。 最初の 2 つのパラメータが U と V で、3 番目のパラメータが位相です。 レベル フラクタル反復またはタービュランスの回数を 連続関数として 設定します。

次の

【Photoshop】グラデーションマップでデュオトーン画像を簡単に作る方法

グラデーション マップ

メディバンペイントPro(MediBang Paint Pro)の使い方を説明します。 今回は、 グラデーションについて説明します。 グラデーションツール を使用すると、キャンバスをドラッグするだけでグラデーションを作成できます。 グラデーションの範囲は レイヤー全体ですが、あらかじめ選択範囲を指定しておくと、 選択した範囲のみにグラデーションを描画することができます。 グラデーションツールでは、 「形状」と 「タイプ」がそれぞれ2種類から選べます。 1 形状 「線形」と「円形」の2種類があります。 線形…ドラッグした方向に向かって色が変化していくグラデーションを作成します。 円形…ドラッグの始点を中心にして広がっていく、円形のグラデーションを作成します。 2 タイプ 「前景~背景」と「前景」の2種類があります。 前景~背景…ドラッグの始点が前景色、終点が背景色になるグラデーションを作成します。 前景…ドラッグの始点が前景色、終点が透明になるグラデーションを作成します。 グラデーションは始点と終点に色を置くため、長くドラッグすると徐々に色が変化する馴染みの良いグラデーションになり、短くドラッグするとはっきり色の分かれたグラデーションになります。 <例>前景色を「青」、背景色を「オレンジ」に設定してグラデーションを作成しました。 どちらの 形状でも、両方の タイプを使用することができます。

次の