悪玉 菌 を 減らす 方法。 悪玉菌が増える理由と減らす方法

悪玉菌とはどういうもの? なぜ増えると便秘になるの?

悪玉 菌 を 減らす 方法

あなたの肌にも、私の肌にも、数多くの菌が存在しています。 その種類は大きく分けて3つです。 1つは肌に取っていい働きをしてくれる善玉菌です。 美肌菌はこの善玉菌の一種ですね。 次に日和見菌。 この菌たちは、肌に存在はしていますが、普段は特にいいこともしなければ、悪さもしません。 しかし日和見菌は、善玉菌の活動が鈍くなってきたり、肌の環境が悪くなってきたりすると、悪玉菌と一緒に悪さをするようになってしまいます。 最後に悪玉菌ですね。 悪玉菌はその名前の通り、肌にとって悪いことをする存在です。 できればそんな菌は肌にいないでほしいと思ってしまいがちですが、実はこの菌、元々は肌にとって必要な菌なのです。 例えばアクネ菌ですが、この菌がなくなってしまうと、皮脂の膜ができなくなってしまい、水分の蒸発が進み、肌の保湿力が弱まります。 重要なのは善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌のバランスを整えるとことです。 こんな悪玉菌に要注意 悪玉菌にもたくさんの種類がありますが、ここでは有名な菌を紹介します。 【アクネ菌】 1つめの菌はアクネ菌です。 この菌はふだんは悪さをしない日和見菌ですが、肌のバランスが悪くなってきたり他の悪玉菌が活発になると、悪玉菌にとりこまれ、顔ニキビの原因になったりしてしまいます。 このアクネ菌は酸素が少なくて皮脂が多いところに好んで生息します。 アクネ菌は皮脂を食べて増えます。 そして皮脂を食べたときに皮膚にダメージを及ぼす毒素である過酸化脂質というものをだします。 これが実質のニキビの原因となるものなのです。 アクネ菌自体が悪いということではなく、この過酸化脂質が悪いということなのですね。 ですが、さきほども述べたようにアクネ菌は肌にとって必要な機能も持っています。 なので、このアクネ菌を全てなくしてしまうことは肌にとっていいことではないですし、そもそもアクネ菌をすべてなくすというのは不可能です。 アクネ菌とも上手に付き合っていくことを考えましょう。 【マセラチア菌】 次に紹介するのは、マセラチア菌です。 あなたのニキビが顔だけなら、それはアクネ菌が原因である可能性が高いですが、体にたくさんできるというのなら、もしかしたらこのマセラチア菌が原因かもしれません。 この菌は普通の人の肌には常に存在しており、害はありません。 しかし、何か理由があって、皮脂が大量に分泌されると、このマセラチア菌が大量の皮脂=エサを食べて異常に繁殖してしまいます。 そうなるとマセラチア菌が作るタンパク質を原因としてニキビができやすくなってしまいます。 なので、マセラチア菌が好む皮脂や湿気の多い背中周り、デコルテの周辺あたりにニキビができやすくなってしまうというわけですね。 このマセラチア菌もアクネ菌と同じように全てを取り除くというのは現実的ではありません。 なので、体のニキビが気になるという人はしっかり皮脂をコントロールしてマセラチア菌自体を異常に増殖させることのないように気をつけましょう。 悪玉菌のエサが皮脂ならそれを無くせば……? 今回紹介したアクネ菌とマセラチア菌、はどちらも皮脂をエサとしていました。 そこで、もしかしたら「皮脂を全て無くしてしまえば悪玉菌の繁殖は抑えられるのでは?」ということを考える人もいるかもしれません。 しかし、これは絶対にやってはいけないことです。 皮脂を落とすために顔をゴシゴシ洗ったり、強い洗浄力をもつ洗顔料、クレンジングを使ったりしてしまうかもしれませんが、これをしてしまうと、皮脂と悪玉菌と一緒に善玉菌も肌からいなくなってしまいます。 悪玉菌の活動を抑えようとして、皮脂と悪玉菌を全滅させようとした結果、善玉菌までいなくなってしまい、かえって肌が荒れてしまった…というのでは何の意味もありません。 前述したように、肌の調子を良くするためには善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスを整えることが重要なのです。 今日からできる、肌環境の改善 肌の菌のバランスを整えるとは言いましたが、いきなり実践するのもなかなか難しいですよね。 今日から、誰にでもできる肌環境の改善には何があるのか見ていきましょう。 まず、1つめはスキンケアの方法を見直すということです。 肌のことなので、スキンケアから見直すのは当然というわけですが、みなさんはきちんと肌のためになるスキンケアができているでしょうか。 まず、基本的なこととして洗顔を見直しましょう。 汚れを洗い落とす力が強すぎるものを使っていませんか?そういうものを使うと悪玉菌とともに善玉菌もいなくなってしまうので要注意です。 また、肌の角質層が傷つくのでゴシゴシ洗いも厳禁です。 丁寧に、優しく洗顔することを心がけてください。 次に、生活習慣を見直しましょう。 睡眠はしっかりととれていいますか?肌はあなたが寝ている間に回復していきます。 しっかりとした睡眠が取れないと肌の回復もできないので、質の高い睡眠を取るようにしましょう。 また食事はどんなものを食べているでしょうか?あなたが甘いもの、脂っこいものが好きというのなら、肌は少し荒れやすい状態になっているかもしれません。 甘いもの、脂っこいものはインスリンの分泌を促進します。 これは男性ホルモンが増えることにつながり、ニキビが悪化する原因と言われます。 なので、甘いもの、脂っこいものを食べるのは控えて、野菜、魚、海藻、大豆食品などを積極的に摂取するようにしましょう。 最後に、ホルモンもバランスについても気をつけてあげてください。 ホルモンのバランスが乱れると、交感神経が副交感神経よりも活発になってしまうことが有ります。 この状態になると、体が常に興奮状態となってしまい、皮脂の分泌が増えて、ニキビ肌の悪化につながります。 副交感神経をしっかりと働かせるために、家ではリラックスできる習慣をつけることがニキビ肌の改善の第一歩です。 まとめ 肌には多くの菌がいます。 善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌です。 これらの菌は基本的には肌に悪さをしないのですが、肌の環境が良くない場合に、肌が荒れる原因となるのが悪玉菌でした。 有名な悪玉菌でアクネ菌、マセラチア菌がいましたね。 どちらも肌に必要な菌なのですが、肌の環境が乱れると、肌にとってよくないことをし始めます。 それが代表的な症状として現れているのがニキビですね。 そしてこのアクネ菌もマセラチア菌も皮脂をエサにしていました。 しかし、皮脂をすべて落としてしまうのは善玉菌への影響も考えてNGなスキンケア方法でした。 皮脂と悪玉菌をすべて落とすほど強力な洗顔料は、善玉菌へも悪影響をおよぼすからです。 では、ニキビはどう予防するのかというと、今までのスキンケア方法、生活習慣、そしてホルモンバランスを改善するのが効果的です。 「悪」と名前がついている菌だからと言って、徹底的になくしてしまうということを考えるのではなく、善玉菌、悪玉菌、常在菌のバランスを整えて、健康な肌を手に入れられるよう頑張りましょう。

次の

悪玉菌が増える理由と減らす方法

悪玉 菌 を 減らす 方法

私たちのカラダのいたるところに善玉菌と悪玉菌が住んでいます。 よく話題になるのは大腸の善玉菌、悪玉菌です。 そこで、腸における善玉菌を増やし方、悪玉菌の減らし方をまとめました。 増やすべき善玉菌 まずは増やすべき善玉菌を確認しておきましょう。 人の腸内フローラにおいて代表的な善玉菌はビフィズス菌と乳酸菌です。 菌の特徴 作用の例 ビフィズス菌• 主に大腸に生息する主力の善玉菌• 酸素があると生育できない• 加齢と共に減少する• ビタミンB1、B2、B6、B12、K、ニコチン酸、葉酸等を合成• 腸内で栄養成分が効率よく吸収できる環境を整える• 乳酸、酢酸の産生による腸内pHの低下• 免疫力強化• 中性脂肪低下• 発がん性物質を吸着 乳酸菌• 乳酸を作り出す• 整腸作用• 乳酸を作り出す 腸内環境を整えるために増やしたい善玉菌は基本的にはビフィズス菌です。 ビフィズス菌は腸内の善玉菌のうちの99%を占めているものです。 乳酸菌入のヨーグルトなどを腸内環境改善のために摂取しますが、多くの乳酸菌の研究成果を見てみると、 整腸作用ためにはビフィズス菌を増やすことがもっとも重要 ということですね。 減らすべき悪玉菌 悪玉菌は人とは共生関係が薄く、• 腸内環境を悪化させる• 有害物質を作り出す• 老化を促す といった悪い効果をもたらす菌のことを指します。 菌の特徴 作用の例 ウェルシュ菌• 代表的な悪玉菌• タンパク質を代謝する• 腸内phが低いと増殖しにくい• 加齢に伴い割合を増す• 有害物質であるアンモニア・インドルールを産生する• 臭いオナラの原因になる有害物質を産生する• 腸内を腐敗させる 毒素産生型フラジリス菌 (ETBF菌)• 日本人の約10%が保菌すると推測される悪玉菌• 大腸がんの原因になる毒素を産生する 悪玉菌といっても腸内フローラという一種の生態系の一員です。 悪玉菌が腸内環境で優勢にならなければ特に問題はありません。 善玉菌の増やし方 善玉菌を含む食品を摂る 善玉菌には整腸作用があるものが多く確認されています。 乳製品の発酵食品ではヨーグルト、チーズ。 漬物では京都のすぐき漬け、キムチ。 その他には麹菌を使った味噌、納豆菌の納豆、などが思い浮かびますね。 ヨーグルトで善玉菌を摂る 発酵乳や乳酸菌飲料で善玉菌を摂取することがもっとも手軽といえると思います。 特定保健食品のものや、スイーツのようにおいしいもの、脂肪0のものなど選択肢が非常に多いです。 発酵食品の漬物で摂る 漬物には植物由来のの由来の乳酸菌が入っています。 つまり、植物の葉などに住んでいた乳酸菌です。 植物由来の乳酸菌の特徴は過酷な環境で生きてきたため、生命力が強いことです。 そのため生きて腸に届くものも多いです。 しかし、漬物から大量に摂取しようとすると同時に塩分も大量に摂取してしまうことになります。 注意が必要ですね。 納豆で摂る 大豆はスーパーフードと呼ばれるような非常に栄養価の高い食べ物です。 納豆菌で発酵させることによってさらにその魅力を増します。 納豆菌は水産・畜産でも利用される素晴らしいプロバイオティクスです。 生命力はプロバイオティクスとしては最強レベルで、芽胞という状態になったものは熱湯やアルコールなどで殺菌できないほどです。 納豆菌それ自体もすばららしいプロバイオティクスですが、納豆の魅力は• 納豆菌が摂取できる• スーパーフードの大豆が摂取できる• 納豆菌が発酵の際に大豆のアレルギー原因物質を減少させる といったことが挙げれます。 サプリで摂る サプリならヨーグルトの嫌いな人でも乳酸菌を、納豆の嫌いな人でも納豆菌を取ることができます。 日常的な食事からは摂取できないビール酵母なども摂ることができます。 出先でも簡単に摂ることも容易です。 ヨーグルト、納豆を継続的に食べることが難しい方はやはりサプリがオススメです。 善玉菌のエサを送り込む 大腸に住むビフィズス菌もエサを必要としています。 主なエサは糖質です。 しかし、多くの糖質は小腸までで消化・吸収されてしまいます。 大腸まで消化されずに届けることができればビフィズス菌を支援することができます。 オリゴ糖 は大腸までほとんど消化されずに到達し、善玉菌のエサになってくれる糖質の一種です。 悪玉菌のエサになりにくいことも特徴です。 オリゴ糖を摂取して腸内フローラにおけるビフィズス菌の割合を格段に増やすことができたという実験結果もあります。 食物繊維 は近年では 第六の栄養素とも呼ばれることもある、とても重要なものと認識されています。 食物繊維が直接的にビフィズス菌のエサになるわけではありませんが、食物繊維は便のかさを増したり、腸内細菌のエサになって腸内のpHを酸性に傾けて腸内環境を改善する働きがあります。 適度な運動をする 適度な運動をすることも腸内環境を整える上でも重要です。 また筋力の低下は便秘の原因になることもあります。 過度なストレスを避ける たとえ若くて健康な人でも過度なストレスを受けると腸内のビフィズス菌は減少し、老年期と同じ割合にまで下がってしまうこともあります。 過度なストレスは禁物です。 悪玉菌を抗菌物質で減らす ビフィズス菌や乳酸菌は乳酸や酢酸を作り出して腸内を酸性に傾けて悪玉菌を抑制します。 善玉菌を増やせば自ずと悪玉菌は減るということですね。 善玉菌の中には乳酸や酢酸など以外に抗菌物質を作り出すものもあります。 たとえばロイテリ菌の作り出す ロイテリンはグラム陰性菌、グラム陽性菌、酵母、カビ、原生動物といった人にとって都合の悪いものばかりを抑制する作用があります。 ラクトコッカスの作り出すナイシンはファーミキューテス門を抑制するといった作用があります。

次の

【決定版】悪玉コレステロールを下げる・減らす方法3つまとめ

悪玉 菌 を 減らす 方法

「酢酸」には強い殺菌力があり、 直接悪玉菌をやっつけてくれるぞ。 酢酸はお酢として飲むことも出来るんじゃが、お酢は消化の途中で吸収されて、大腸まで届くことが出来ないので、途中で消化されることなく、大腸まで届く オリゴ糖を摂取した方が良いんじゃな。 オリゴ糖は以下のような食材に含まれておるぞ。 オリゴ糖を含む食材• ごぼう• 玉ねぎ• はちみつ• バナナ• きなこ• 大豆 これらの食材を積極的に食べるようにすれば腸内の悪玉菌をやっつけてくれるというわけじゃ。 オリゴ糖は糖の中でも特に分子量が小さく、いち早く善玉菌に分解され「有機酸」を作り出してくれるから特にオススメなんじゃ。 「酢酸」を作り出すのは、善玉菌の中でも ビフィズス菌という種類じゃから、これも覚えておいてほしい。 ちなみに、ビフィズス菌はオリゴ糖をエサにするんじゃが、ビフィズス菌は30種類以上も存在しており、それぞれにオリゴ糖の好き嫌いがあるんじゃ。 じゃから、 1種類のオリゴ糖を摂取していても実は、一部のビフィズス菌しか活性化できない。 そこで、あらゆるビフィズス菌を活性化してくれるオリゴ糖の組み合わせが• ラクトース• ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)• ラフィノース の組み合わせなんじゃよ!色んな食材を組み合わせて、これらのオリゴ糖をまんべんなく取り入れることが出来れば良いんじゃが、それが難しいという方には という商品がおすすめ。 大腸内のあらゆる ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖が含まれておるから、驚くほど早くの成果が期待できるんじゃよ。 後ほど、わしのオススメの乳酸菌サプリをご紹介するが、深刻にお悩みの方、これまで何をやってもムダだったという方は、ぜひ 乳酸菌サプリ+ を試してみていただきたい。 本気の方にはおすすめじゃ。 腸内の悪玉菌を減らすためにこれらの3要素は欠かせない。 分かっちゃいるが・・という声が聞こえてきそうじゃが、ここはあえて力説させていただくぞ! 睡眠 まずは、睡眠!人は寝ている間に胃や腸などの消化器官の働きを活性化させ、 食べ物の消化・吸収や 細胞の修復・再生を活発に行っておるんじゃ。 じゃから、睡眠不足になるとまず消化・吸収がうまくいかなくなる。 すると、食べ物のカスが腸内に残りこれをエサとして悪玉菌が増殖してしまうんんじゃ。 睡眠はただ疲れを取るだけでなく、体の機能を正常に働かせるために、とても重要なんじゃ。 運動 そして、適度な運動!腸は筋力によって動いているために、運動不足や加齢により筋力が衰えると、腸の動きが弱まってしまうんじゃ。 すると、 便を肛門の方へ押しやることが出来なくなり、食べ物のカスが腸内に残る。 これまた悪玉菌の大好きな環境になって悪玉菌が増えてしまうんじゃ。 わしのオススメは断然、 ウォーキングじゃよ!1日10分でも20分でも、ウォーキングする時間がないかどうか、いまいちど一日のタイムスケジュールと相談してみてほしいんじゃ。 ストレス さいごに、ストレス!ストレスも、たまると自律神経のバランスが乱れやすくなり、腸のぜん動運動を弱めてしまうんじゃ。 結果、便秘になり、悪玉菌が増殖してしまうことは前述したとおり。 ごぼう• おから• いんげん豆• えんどう豆• グリンピース• おくら• モロヘイヤ• かぼちゃ• さつまいも• さといも• ほうれん草• たけのこ• ブロッコリー• とうもろこし (主に豆類・イモ類・根菜に多い) ちなみに、 不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は、2:1のバランスでとることが重要だと言われておるので、可能な方は意識してみてほしいんじゃ。 日本人は総じて食物繊維の摂取量が足りていないと言われておるから、意識して食物繊維を摂取することが大事じゃな。 ただし、食物繊維を摂っても便秘が解消されない方、ガスが溜まってお腹がパンパンになってしまうという方は、ひょっとすると腸内で善玉菌がこれらを分解できていない可能性があるんじゃ。 食物繊維は分子量がすこし大きいので、重度の便秘症の方の腸内では善玉菌が消化しにくく、悪玉菌に利用されている可能性がある。 そういう場合はまずは前述したオリゴ糖を摂取することをまず第一に意識してもらいたい。 オリゴ糖はもっとも分子量が小さくて、善玉菌が一番消化しやすいエサなんじゃ。 善玉菌は、主に体にとって良い働きをするもの。 悪玉菌は、主に体にとって悪い働きをするもの。 日和見菌は、どちらか優勢な方に味方をする菌じゃ。 これらの細菌のベストバランスは 善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7だと言われておる。 善玉菌が増えるとその分悪玉菌が減り、悪玉菌が増えるとその分善玉菌が減る、というように、常に一定の数を保ちながら勢力争いをしておるんじゃ。 つまり、悪玉菌を減らすためには、善玉菌を増やすこと!これが最重要ポイントなんじゃな。 善玉菌を増やす方法として一番簡単なのが、食べ物などからどんどん取り込んでやることじゃ。 善玉菌を含んでいる食べ物はヨーグルトやチーズ、味噌や漬物などのいわゆる発酵食品じゃな。 韓国のキムチや、中国のザーサイなんかも発酵食品なんじゃよ。 毎日の食事にこれらの食材を積極的に摂りいれられると良いぞ!しかし、食生活を変えるというのは、なかなか至難のワザじゃな。 分かっちゃいるけど・・と嘆きたい方も多いのでは?そんな方にわしがオススメしているのが 乳酸菌サプリなんじゃ。 乳酸菌サプリであれば、 一日1粒2粒で、気軽に大量の乳酸菌(ビフィズス菌)を摂取することが出来るし、エサとなるオリゴ糖や食物繊維まで含まれているものもあり、おんぶに抱っこなんじゃ。 しかも人によって腸に棲みついている常在菌が異なるので、合う乳酸菌も異なるんじゃが、サプリメントなら多いものなら 1粒で20種類以上の乳酸菌が含まれているものもあるんじゃよ。 これまで、何をやっても駄目だったという方は、特に様々な乳酸菌が含まれているものを意識して選んで欲しい。 ここでは、『悪玉菌を減らす』ことを目的に置いて、わしが特にオススメのサプリを3種ご紹介しよう!.

次の