可能 で あれ ば 敬語。 「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

可能 で あれ ば 敬語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新和英中辞典 1• Weblio Email例文集 12• Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集 6• 専門的な情報源• コンピューター用語辞典 1• Tanaka Corpus 1• FreeBSD 9• Gentoo Linux 5• JM 19• NetBeans 1• PEAR 1• Python 10• XFree86 12• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 20• 官公庁発表資料• 金融庁 11• 財務省 8• 特許庁 33• 特許庁 1662• 経済産業省 59• 厚生労働省 10• 書籍・作品• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 2• John Stuart Mill『自由について』 2.

次の

「なるべく」の敬語表現は?ビジネスで使える言い換え・類語も

可能 で あれ ば 敬語

ビジネスシーンにおいて、当然お互いに取り決めた計画に従って行動をしていくことになります。 しかし、まだ打ち合わせの段階であるのなら、お互い要望を出し合っていくことになります。 その時に「可能であれば」という敬語表現を使うこともあります。 使い方としては、「可能であれば~をして欲しい」という表現になり、相手に譲歩しての要求をする時に使います。 自分の言い分だけを表現しない 自分が出した条件を相手が全部呑むということはビジネスシーンにおいて少ないです。 自分の主張だけでは、長く良い関係を築くのは難しいものがあります。 時には譲歩して相手の都合を尊重しないといけない時もあります。 その時に「可能であれば」という敬語表現を使うのが適切です。 難しい駆け引きの場面には、適切な敬語表現を使いたいものです。 「可能であれば」という敬語は気を使った言い回し表現 気を使った物言いが敬語表現であり、英語も日本語もこれは一緒です。 「可能であれば」という敬語表現を使う時は、気を使った言い回しをしていることをまずは自覚した方が良いでしょう。 そして、「可能であれば」と表現した敬語を使う時には、「~していただけますか?」や「していただけるとありがたいのですが」といった言い方をするのが基本となります。 相手に不快感を与えずに表現しよう 「可能であれば」という敬語表現を使う時には、当然相手に不快感を与えるのはNGです。 捉え方によって、相手の能力を低く見ていると認識されてしまうこともあります。 また、ナーバスになっている相手からすれば、嫌味に聞こえてしまうこともある為、状況をしっかり見定めて使うようにしましょう。 あくまでも譲歩をして欲しい時に使う表現です。 取引を円滑に進めるための敬語表現 「可能であれば」という敬語表現を使う際には、今後取引を円滑に進める為という大前提があります。 今回の取引を良い形で進める為であり、今後にも当然繋がってきます。 相手との良好な関係を保つことを意識せずに「可能であれば」という敬語を使うと、相手に不快感を与えてしまいます。 「可能であれば」という敬語表現を使う時の肝になる部分です。 より丁寧に表現するなら「ご検討いただけますか」 より丁寧に「可能であれば」と敬語表現するのなら、「ご検討いただけますか」を付けるのが適切です。 そして、時間的な問題があるのなら、「お時間を許すようなら」と付け加えることも忘れてはいけません。 「可能であれば」という敬語を使う時には、その背景には何があるのかを考えるのが重要で、必要ならより丁寧にすべきです。 「可能であれば」の敬語表現は状況に合わせて「ご検討いただけますか」と使い分ける 「可能であれば」という敬語を表現する時には、まず相手との距離感を考えるべきです。 そして、あくまでも譲歩してほしいことも考えると良いでしょう。 さらに、受け取り方にとっては相手に不快感を与えてしまうこともあることを意識すべきです。 必要に応じては、より丁寧に「可能であれば」という敬語を使うのが望ましく、いつどこでも使えば良い訳ではありません。

次の

「手伝う」の敬語表現・手伝うの使い方と例文・別の敬語表現例

可能 で あれ ば 敬語

他の例としては「ご提案いただきました件について」「ご提案いただきましたことにつきましてはご対応できません」などがあります。 こちらも上記の「ご提案ありがとうございます」と同じように、目上の人が提案した場合に使用する使い方です。 しかし、「ご提案ありがとうございます」がポディティブな意味合いしか持たないのに対して、いただきの後に続く言葉はネガティブな場合があります。 例文だと「ご提案いただきましたことにつきましてはご対応できません」が該当します。 これは、「ご提案をいただいた」までだと、提案を受け取った状態で止まっているためで、受け取った提案がどうなるかによって変化するためです。 ご提案いただいた件について 「ご提案」は何かの意見や考えを他者に伝える意味をもつ提案の頭に「ご」をつけた言葉です。 敬語表現には目上を持ち上げることで敬意を表す「尊敬語」、自信を下げることで敬意を表す「謙譲語」、言葉そのものを丁寧に表現することで敬意を表す「丁寧語」の3つがあり、「ご提案」そのものは丁寧語になります。 敬語表現として実際に使用する場合は、提案する人物の立場や状況によって使い分ける必要があります。 提案するのが目上であれば「尊敬語」、自分であれば「謙譲語」といった形です。 また、特に敬語を使う必要がない場面では「ご」のないただの「提案」を使用することも可能です。 類語もいくつかあるため、状況によって言い換えることができます。 「ご提案」の意味や使い方に気をつけて使いこなしましょう。

次の