金属 アレルギー。 金属アレルギーから身を守るための基礎知識

金属アレルギー必見!素材や治し方&どんなピアスもOKになる裏ワザ。|ぱやブログ

金属 アレルギー

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患が増加している昨今、 歯科金属アレルギーで悩む方も増えてきています。 花粉症によって引き起こされたアレルギー症状を花粉症とよぶように、 金属によって引き起こされたアレルギー性疾患を金属アレルギーとよびます。 金属アレルギーの症状は様々で、 指輪、ネックレス、ピアス、ベルト、時計などの金属製品に接した部位に生じる皮膚のかゆみやその他の部位に生じる発疹などあります。 わたしたちは普段の生活の中で多くの金属製品に接していますし、 歯科治療でも専用の歯科金属を使用しています。 歯科治療に用いた金属もアレルギーの原因となることがあり、 それを 歯科金属アレルギー といいます。 一般的な金属アレルギーと比べた歯科金属アレルギーの特徴はアレルゲンとなる口腔内の金属を患者さん自身によって取り除くことができない場合がほとんどだということです。 入れ歯であれば取り外しが可能ですが、 金属の詰め物や被せ物などは一度取り付けたら歯科医師でなければ取り外せません。 また、アレルギーの原因が口腔内の金属であると気づかずにいる場合は、 アレルゲンを体内に維持している状態であるため、 投薬などによるアレルギー症状の改善が認められず治癒にいたらない症例が多くあります。 歯科金属を原因とするアレルギー症状は、 口腔内だけでなく手のひらや足の裏などの離れた部位のかゆみや全身の発疹などとしても現れます。 そのため アレルギー症状だけから口腔内の金属がアレルギーの原因となっているかどうかを診断することは非常に難しい のです。 口腔内に金属が入っている人の中で、 指輪、ネックレス、ピアス、ベルト、時計などの金属にかぶれやすく、 内服薬や外用薬によっても治癒しない再発性のアレルギー症状のある方は 歯科金属アレルギーを疑ってみる必要があるでしょう。 この扁平苔癬は口腔内の粘膜が赤くただれたり、 潰瘍を形成して食物などの刺激によって痛みを生じたりする疾患です。 また、口内炎や歯肉炎、舌痛症なども歯科金属アレルギーによって生じることがあります。 いずれの症状でも投薬によって治癒することなく再発を繰り返すような場合は歯科金属アレルギーを疑う必要があります。 これらの疾患は手のひらや指先、足の裏にできる小さな水疱が特徴的でかゆみを伴います。 手だけに症状がでる場合もあれば、足の裏だけの場合もあります。 症状が長期にわたる場合は爪の形が変形することもあります。 これらの症状も投薬によって改善がみられなければ歯科金属アレルギーを疑います。 全身性接触皮膚炎は全身に強いかゆみを伴う発疹が出現し、 投薬 によっても改善することなく普段の生活にたびたび支障をきたします。 また、アトピー性皮膚炎の場合、皮膚のバリア機能が低下して皮膚表面が感作されやすい状態であるため金属アレルギーを併発すると考えられます。 歯科金属アレルギー治療 歯科でもその他の科でもいいので一度担当医に相談しましょう。 もし専門外だったとしても適切な医療機関に紹介してもらえるはずです。 アレルギー治療の基本は アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因物質)を身体からできるかぎり遠ざけることです。 しかしながら、 日常生活から金属製品を完全に取り除くことは不可能です。 そんな状況の中で歯科金属アレルギーの治療はどうすべきでしょうか。 まずは、 自然界に数多く存在する金属元素の中でどの金属元素がアレルゲンとなっているのかを特定する必要があります。 アレルゲンの特定には パッチテスト を用います。 金属元素のうち日用品の原材料として頻繁に使用される 金、銀、銅、ニッケル、クロム、鉄、水銀、アルミニウム、プラチナなどを試料とします。 そして、パッチテストによってアレルゲンとなっている金属元素が特定できたら、 それを口腔内から取り除きます。 歯科治療で使用される金属のほとんどは 歯科用合金 で 複数の金属元素を溶かし合わせたものなので、 どの詰め物や被せ物がアレルゲンを含んでいるかを確認して、 除去用歯科医療器具で取り除きます。 アレルギー症状の消退が確認されたら、 アレルゲンとなった金属元素を含まない歯科用材料で詰め物や被せ者を再製します。 金属元素は分子量が小さいため、 それ自体が単体となってアレルゲンとなることはありません。 アレルギーを引き起こす条件は、 溶け出してイオン化した金属元素がタンパク質などと結合することです。 金属元素がタンパク質などと結合することで分子量が大きくなり、 生体内で異物として認識されやすくなるのです。 つまり、 金属元素をイオン化させないことが歯科金属アレルギーを予防する最善策 です。 具体的には 口腔ケアが不十分で汚れが溜まっているところがあると、 その部位にある 金属が錆びてイオン化 しやすくなります。 つまり、金属が溶け出してしまうのです。 毎食後のケアを徹底させて、口腔内を常に清潔に保つことが重要となります。

次の

金属アレルギー(歯の金属を白に換える)

金属 アレルギー

金属アレルギーは、金属を原因として生じるアレルギー症状全般を指します。 症状は、金属が触れた部位やその周囲の赤みやかゆみなど。 このような症状のことを、皮膚科では 「接触皮膚炎」と呼んでいます。 「金属製のピアスやイヤリング・ネックレスなどをつけると上記のような症状が出てしまう」という方は接触皮膚炎の可能性があります。 しかし 実は金属アレルギーには、接触皮膚炎以外にも「全身性金属皮膚炎」と呼ばれるものがあります。 全身性金属皮膚炎は、接触皮膚炎のように金属が直接皮膚に触れることによって生じるわけではなく、銀歯(歯科金属)や食事中に含まれる微量の金属が口の中の粘膜や消化管を経由して体内に吸収されることにより生じます。 全身性金属皮膚炎の主な症状としては、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう : 手足に膿がでる病気)・汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん : 手足に水ぶくれができる病気)などの発症、もしくは増悪 ぞうあく があげられます。 手足の水疱や膿疱に悩む患者さんを診察・検査した結果、「ずっと悩まされていた手足の荒れの原因が、実は全身性金属皮膚炎だった」と判明する方も少なからずいます。 全身性金属皮膚炎は、アレルギーの原因となる金属の摂取制限によって症状が緩和されることがあるので、なかなか治らない肌荒れに悩んでいる方は、一度皮膚科で相談してみてもいいかもしれません。 「金属アレルギーになる・ならない」には、体質や生活習慣が関係しています。 今回は、金属アレルギーが発症しやすくなる要因をご紹介します。 汗をかきやすい体質の方は気をつけましょう。 アクセサリーの中でも特に注意が必要なのは、ピアス。 ピアスは皮膚を貫いて真皮と直接接触するので、アレルギー反応が生じやすくなります。 そのため、タトゥーやアートメイクをきっかけに金属アレルギーを発症することもあります。 これは、金属が唾液によって溶けてイオン化し、体内に吸収されることが原因です。 このような食品を過剰に摂取すると、人によってはアレルギー症状を起こすことがあります。 アレルギーを発症しやすい金属を多く含む食品は、以下の表を参照してください(あくまで一例です)。 金属アレルギーは放っておくと炎症が悪化したり、炎症範囲が全身に及んだりする恐れがあります。 もしも「金属アレルギーかもしれない」と思ったら、まずは皮膚科で検査を。 検査で金属アレルギー反応が見つかったら、病院で薬を処方してもらったり、改善方法を指導してもらうことができます。 まず、皮膚科で問診や診察を受けた後、試薬をつけたパッチテストユニットを背中に貼って2日間 48時間 そのままにしておきます。 2日経ったら、ユニットを除去した皮膚の状態を見て、どの試薬でアレルギー反応が出ているかどうかを判定します。 そこからさらに1日後 パッチテストユニットを貼ってから3日目 に再判定し、それでも所見がはっきりしない場合は7日目に再診するケースもあります。 金属アレルギーの症状を抑えるためには、ご自身がアレルギーの原因となる金属を極力避けることが大切です。 生活の中で以下のポイントに気をつけてみてください。 ついつけっぱなしにしてしまうという人は、こまめに外すことを心がけましょう。 ただし、メッキ部分のみが金やプラチナで、中がニッケルやコバルトなどの合金でできているアクセサリーには注意をしましょう。 経年劣化などが原因でメッキ部分が剥がれて、中の合金がアクセサリーの表面に出てくる可能性もあります。 いつのまにか表面に出てきた合金が肌に触れて、それがきっかけでアレルギーが発症するケースも少なくありません。 例えば、ワイシャツやブラジャーに使われている形状記憶合金やバッグのチェーン・財布の金具など。 こういった金属でアレルギー反応を起こすことも考えられますので、十分に注意してください。 そのため、人によっては時計のバンドや革手袋・革靴などでアレルギー反応を起こすことが考えられます。 革バンドの時計や革手袋は身につけない・革靴をはだしで履かないなどの対策をしましょう。 気になる方は歯科に一度相談してみましょう。

次の

金属アレルギーとは

金属 アレルギー

Q 私は金属アレルギーで、メガネのフレームやアクセサリー、金属製のホックやファスナーなどが身体に直接当たると皮膚が赤くなったり、痒くなったり、ただれてしまいます。 そんな私ですが、このたび、鉄製のフライパンを買おうと思い立ちました。 ところが…… 「鉄のフライパンで調理したものを食べると、調理中に溶け出した鉄分を身体に吸収することになるので、貧血の人には鉄分を補うことになるので身体に良い」 というようなことを聞きました。 鉄分が身体に入るってことは…… 鉄製のフライパンで調理したものを食べた場合、私のような金属アレルギーの人間はどうなるのでしょう? やはり身体がアレルギー反応を起こしてしまうのでしょうか? もしそうなら鉄のフライパンの購入は見送りたいと思います。 どなたかご存知の方、教えていただければありがたいです。 A ベストアンサー 私もアクセサリーとかで金属アレルギーを起こすので、指輪、ネックレスとか全部ダメです。 でも鉄製のフライパンは使ってますし、貧血気味なので鉄分も呑んでます。 東京都済生会中央病院における、金属パッチテスト結果では、アレルギーの頻度のいちばん高かい金属は、水銀。 次にニッケル、コバルト、スズ、パラジウムの順。 アクセサリーによく使われる金属として、最も多いのはニッケルです。 私が見た限り、その表に鉄はありませんでした。 ニッケルは、加工しやすくてさびにくく、しかも安いこともあって金メッキの下に使われることが多いです。 イヤリングやネックレス、指輪、ブレスレット、メガネのフレームなどさまざまな金色装飾品に使われています。 でも、汗の中の塩素イオンはニッケルを溶け出させる作用が強いため、汗によってニッケルイオンが溶け出し、皮膚炎を起こす原因になっているのです。 金属アレルギーは、繰り返し同じ金属を使用しているうちに溶け出した金属イオンが体内に入りこみ、免疫のはたらきで異物だと記憶され、次に同じ金属に触れたときにアレルギー反応を起こしてしまうことなので、口から摂取することで起きるアレルギーとは違うと思います。 もし鉄を口から摂取して、アレルギーを起こしたら、それは金属アレルギーとは、また違ったアレルギーだと思います。 私もアクセサリーとかで金属アレルギーを起こすので、指輪、ネックレスとか全部ダメです。 でも鉄製のフライパンは使ってますし、貧血気味なので鉄分も呑んでます。 東京都済生会中央病院における、金属パッチテスト結果では、アレルギーの頻度のいちばん高かい金属は、水銀。 次にニッケル、コバルト、スズ、パラジウムの順。 アクセサリーによく使われる金属として、最も多いのはニッケルです。 私が見た限り、その表に鉄はありませんでした。 ニッケルは、加工しやすくてさびにくく、しかも安いこともあっ... Q 10年ほど前から金属アレルギーで 最近特にネックレスをするとすぐに痒くなるので 来週パッチテストを受けようと思っています。 先日皮膚科へ最初の説明を受けに行って来たのですが、 パッチテストでは、アレルギーがあるのに反応が出なかったり アレルギーがないのに反応が出たりと、隠れ陽性・隠れ陰性と 言うのがある事を聞かされました。 また、よく金属アレルギーでも18金などは大丈夫と言う人を聞くので それを確かめたいのもありパッチテストを受けようと思った旨を 先生にお伝えした所、パッチテストでは18金と言うくくりはなく 「金」のくくりで調べるので、18金が大丈夫かと言うのは テストからはわからないと言われてしまいました。 何回か通院があったり2日間お風呂にも入れなかったり それに上記のような事もあるので、本人がそれでも良いので あれば、、と先生の説明はそういう感じでした。 結局パッチテストはする方向で帰宅したのですが、 帰って来てから、何回か通院したりお風呂に入れなかったり わざわざしてまでテストを受けて意味があるものなのか と考え始めてしまいました。 金属アレルギーのパッチテストは アクセサリー等で症状が出て受ける人もいるけど 歯医者さんで詰め物をする前に受ける人が多いみたいですね。 アクセサリーの場合は、例えば親やお友達から借してもらって しばらく付けてみて症状が出るかで確かめた方が良いのでしょうか。 パッチテストを受けてよかった、意味があった役立った またその反対の意見、など聞かせて頂けたら幸いです。 ちなみに、私はピアスは低アレルギーのものを付けっ放しで特に問題なし。 時計はカシオのデータバンクのゴールドを緩めにしていればまぁまぁ問題なし。 指輪とネックレスは18金や高価なものはした事がなく、リーズナブルなものを たまにするのですが、最近冬でも痒くなって途中で外してしまう事が多くなりました。 10年ほど前から金属アレルギーで 最近特にネックレスをするとすぐに痒くなるので 来週パッチテストを受けようと思っています。 先日皮膚科へ最初の説明を受けに行って来たのですが、 パッチテストでは、アレルギーがあるのに反応が出なかったり アレルギーがないのに反応が出たりと、隠れ陽性・隠れ陰性と 言うのがある事を聞かされました。 また、よく金属アレルギーでも18金などは大丈夫と言う人を聞くので それを確かめたいのもありパッチテストを受けようと思った旨を 先生にお伝えした所、パッチテストでは... Q 私は、教えて!gooを、タブレット、PC、スマホとその時の環境で使い分けています。 良く質問者さんの文字の打ち間違いや漢字の間違いを、「厳しく」注意されている回答者さんをたまに見かけます。 多分PC利用者さんだと思いますが。 実際、スマホとタブレット(アプリ)で質問や回答を記入するときは記入欄が二行くらいしか表示されず、PCのように「確認する」という画面も出ません。 確認しようと上に戻すと誤植されたりします。 PC環境がない方もおられるので、多少の打ち間違い位は大目に見てもいいのではないでしょうか。 もちろん、意味不明な文章やとんでもなく間違いが多いのは、イライラしますので注意すべきですが。 皆さんの回答者側としてのご意見をお聞かせください。

次の